Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

「令和」の時代に日本が直面する最大の問題とは何か

2019年04月18日(木)13時30分
    「令和」の時代に日本が直面する最大の問題とは何か

    新しい元号に込めた意味を説明する安倍首相(4月1日の記者会見で) TOMOHIRO OHSUMI/GETTY IMAGES

    <国際秩序の激変や急速な人口減少などの試練に対処し、「美しい調和」の時代を築くことができるのか>

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ特効薬を探せ

    本誌 最新号

    特集:コロナ特効薬を探せ

    新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

    2020年5月26日号  5/19発売

    人気ランキング

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 6

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      新型バイクにまたがるドイツ警官が立ち向かう相手は?

    • 10

      中国人も日本メディアを見ています

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 6

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 7

      韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

    • 8

      反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

    • 9

      ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

    • 10

      「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩