Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

ムラー報告書でロシア疑惑は晴れず、狂乱は大統領選まで続く

2019年05月02日(木)06時40分
    ムラー報告書でロシア疑惑は晴れず、狂乱は大統領選まで続く

    これで潔白が証明されたとトランプは主張しているが…… LUCAS JACKSONーREUTERS

    <ロシア疑惑に関する特別検察官の報告書が公表されたが、その内容はトランプの司法妨害を認定したに等しい>

    4月18日、ロシア疑惑を捜査していたロバート・ムラー特別検察官の捜査報告書がついに公表された。翌日は、キリスト教の聖金曜日。キリストがはりつけにされた受難を記念する日だ。

    十字架で息を引き取る前にキリストが発した言葉は「全てが終わった」だったという。トランプ米大統領を擁護することに懸命なバー司法長官もこの報告書で「全てが終わった」と印象付けたいようだが、そうはいきそうにない。448ページに上る報告書に記された数々の事実は、トランプを苦しめ続けるだろう。

    捜査の焦点は2つあった。1つは、トランプと陣営関係者が16年の大統領選に勝つためにロシアの情報機関と共謀したかどうか。もう1つは、トランプと陣営関係者が司法妨害を行ったかどうか。要するに、大統領選へのロシアの干渉についての捜査を妨げたかだ。

    報告書によると、ムラーは、現職大統領を刑事起訴することはできないという司法省の方針を尊重していた。ムラーはその制約の下、トランプをロシア側との共謀で罪に問うには「証拠が不十分」だと結論付け、司法妨害については判断を避けた。

    しかし、報告書には見過ごせない記述がある。司法妨害が全くなかったと断言できるのなら、そう明言しただろうが、捜査協力を拒むなどのトランプの行動により、そのような結論に到達することはできなかったと記されているのだ。

    これは、司法妨害があったと遠回しに言っているに等しい。ムラーとしては、特別検察官の権限を逸脱するため、司法妨害の罪は問えないと感じた、というわけだ。

    大統領弾劾の可能性は?

    これで潔白が証明されたというのがトランプと共和党の主張だが、報告書を読むと、そのような結論は導き出せない。そこには、トランプと陣営関係者がロシア側と再三にわたり接触していたこと、トランプがあからさまに捜査を妨げようとしたことが繰り返し記されている。

    大統領周辺がムラー解任などの指示を実行せず、トランプ自身も事情聴取を拒み続けたために、トランプは司法妨害の罪を問われずに済んだにすぎない。

    有罪を勝ち取ることではなく、正確な情報を把握することが任務のCIAなど情報機関関係者の間では、トランプがロシアの情報機関と共謀し、捜査妨害をたびたび行ってきたことは、かなり前から常識だった。私が話を聞いた情報機関関係者は、一人残らず同じ認識を持っていた。

    現職大統領を弾劾・罷免すべきかを判断できるのは、議会だけだ。議会は長大な報告書の内容を吟味し、トランプを無罪放免するか、それとも罷免すべきかを判断しなくてはならない。

    つまり、今後の論争の舞台は議会に移る。野党の民主党は、捜査の継続を主張するだろう。一方、トランプを守りたい共和党は、報告書により潔白が立証されたと主張し、捜査を「魔女狩り」と非難するに違いない。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

    • 4

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 7

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 8

      「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

    • 9

      新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

    • 10

      習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 4

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 7

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン