Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

イラン「CIA協力者を逮捕、死刑宣告」を元CIA工作員が検証する

2019年08月07日(水)19時45分

    情報網の再構築が急務

    通信システムの弱点が見破られたことは短期的にはともかく、長期的には大した問題ではない。トゥキュディデスの挙げた3大誘因が普遍的なように、諜報活動のメソッドそのものもおおむね普遍的だ。防諜活動で多少は情報漏洩を防げるにせよ、諜報活動は国益を守るための機能であり、それを止めることはまず不可能だ。世界の優れた情報機関はほぼ例外なく数々の修羅場を乗り越えて機能し続けている。

    CIA内部の隠語で言うところの諜報活動の「フラップ(へま)」は高い代償を伴う。責任者のクビが飛び、死者も出るし、国家の権威も傷つく。失態が戦争を招くことさえある。今回の件でCIA職員は胃がキリキリ痛んだだろうが、なお一層使命感に燃えたはずだ。中国とイランの防諜当局は戦術的には大きな成果を上げたが、CIAに戦略的な打撃を与えたとは限らない。そうなるかどうかは政治の判断次第、中国、イラン、アメリカ政府の出方次第だ。

    イランでは保守派が対米強硬姿勢を強めるようロウハニ政権に圧力をかけている。片や嘘つきとイデオローグが牛耳るトランプ政権は一貫性のない山師的な「政策もどき」を打ち出すばかり。CIAは可及的速やかに情報網を再構築すべきだ。

    <2019年8月13&20日号掲載>

    2019081320issue_cover200.jpg
    ※8月13&20日号(8月6日発売)は、「パックンのお笑い国際情勢入門」特集。お笑い芸人の政治的発言が問題視される日本。なぜダメなのか、不健全じゃないのか。ハーバード大卒のお笑い芸人、パックンがお笑い文化をマジメに研究! 日本人が知らなかった政治の見方をお届けします。目からウロコ、鼻からミルクの「危険人物図鑑」や、在日外国人4人による「世界のお笑い研究」座談会も。どうぞお楽しみください。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 6

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 7

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 8

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 9

      コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

    • 10

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 6

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 7

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 8

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 9

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 10

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩