Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

年間3万人の死者が出る現実を直視できない、銃社会アメリカの病理

2019年09月11日(水)16時45分

    見逃せないのは、アメリカ社会の分断工作を担うロシアの情報機関から秘密裏にNRAに多額の資金が流入している疑いが持たれていることだ。

    世論調査ではアメリカ人の61%が銃規制強化を支持し、97%が銃購入時の身元確認などのチェック強化を支持している。NRAは目下、不正会計や幹部の腐敗問題に揺れていて、資金不足にも陥っている。ロシア疑惑も追及されかねず、今後は影響力が低下する可能性もある。

    猟銃以外は全て禁止に

    これは個人的な見解だが、私は職務上ありとあらゆるタイプの銃を撃ってきたし、射撃は好きだ。それでも銃に関連した事件や事故で年間3万人が死亡する現実があるのに、多くのアメリカ人が公共の安全よりも銃所持の個人的な満足を重視しているとしたら、それは「狂気の沙汰」としか言いようがない。

    彼らとて食品の安全性や水質管理など公共の安全のために規制が必要なことは認めている。なのに、なぜ銃規制には猛反対するのか。

    銃の危険性を考えれば、狩猟用のライフルを除き、銃所持をほぼ完全に禁止してもいいくらいだ。だが、そう考えるアメリカ人は28%にすぎない。

    私はいわば「アート」としての武器の設計や性能に興味がある。日本のゼロ戦や英スピットファイア、アメリカのP51マスタングについて熱く語るのはワクワクするが、だからと言って個人が戦闘機を保有することは許されない。同様に戦争のための武器を個人が保有することも容認されるべきではない。

    <本誌2019年9月17日号掲載>

    【関連記事】【歴史】NRAが銃規制反対の強力ロビー団体に変貌するまで
    【関連記事】銃乱射でPTSDを受けるアメリカの医師たち 銃反対運動が救いに

    20190917issue_cover200.jpg
    ※9月17日号(9月10日発売)は、「顔認証の最前線」特集。生活を安全で便利にする新ツールか、独裁政権の道具か――。日常生活からビジネス、安全保障まで、日本人が知らない顔認証技術のメリットとリスクを徹底レポート。顔認証の最先端を行く中国の語られざる側面も明かす。


    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 2

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 3

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

    • 4

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 5

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

    • 8

      新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

    • 9

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 10

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 4

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 5

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 10

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る