Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

プーチンの成績表:巧みな情報工作で外交は大成功、でもロシアは腐敗した「泥棒の国」に

2019年12月27日(金)16時10分

    magSR191225_Putin2.jpg

    柔道好きで有名だが、今はアイスホッケーにぞっこん。プーチンの「通知表」 12月24日号「首脳の成績表」特集26ページより

    ロシア情報機関はブレグジット(イギリスのEU離脱)も後押しした。NATOがフランスのエマニュエル・マクロン大統領の言う「脳死」状態に陥ったのも、アメリカとその他の加盟国間の不和を広げようとするプーチンの動きが大きな原因だった。

    プーチンのシリアへの介入はバシャル・アサド大統領の体制を救い、ロシアはアメリカに代わってシリア国内で影響力を競い合う無数の勢力の最終的な調停者となった。

    現体制の持続性に疑問

    プーチンは非の打ちどころがない情報工作と果断な軍事作戦の組み合わせによって、これらの戦略目標を達成した。

    だが、プーチンがロシアへの手痛い制裁の引き金を引いたのも事実だ。プーチンの「傀儡」であるトランプも、欧米でプーチンのペテンに対する怒りが高まり、厳しい反応が出る事態を止められなかった。長期的に見れば、いずれプーチンは個々の細かい局面では賢明だが、大きな戦略を見誤った愚か者だったと証明される可能性は十分ある。

    プーチンはロシア国内の政治状況を操作することにも成功した。偽情報の流布、メディア支配、宣伝工作、警察と情報機関を使って政敵を排除し、幅広い支持を獲得した。

    プーチンの下手くそなアイスホッケーの中継や、上半身裸になってシベリアで狩りに興じるマッチョな映像は、英雄を求めるロシア人気質によく合うようだ。脚色された英雄像だが、この分かりやすい演出はうまく機能してきた。

    だが経済面では、プーチンは無能なリーダーだった。ロシア経済の構造改革については、ほとんど何もしていない。民営化は遅々として進まず、経済構造は石油と天然ガスの輸出に依存する第三世界型経済のままだ。資源産業と経済活動の大半を新興財閥オリガルヒが支配している。

    ロシアはプーチンの下で、経済破綻の社会主義国家から、非効率で腐敗した「泥棒の国」に姿を変えた。最悪なのは、それが意図的な選択だったことだ。プーチンは汚職の拡大を権力強化の手段に利用し、法と私有財産権に基づく経済発展をないがしろにした。

    長期的には、3歳児並みのアイスホッケーと巧みな政治宣伝、目覚ましい外交的成果と硬直した経済の組み合わせでは、現体制を維持できなくなるかもしれない。プーチンが72歳になり、大統領の任期が切れる2024年が最初の関門になりそうだ。

    <本誌2019年12月24日号:特集「首脳の成績表」特集より>

    【参考記事】トランプの成績表:サイボーグ超えの破壊力で自国の評判を落としたが...
    【参考記事】安倍晋三の成績表:景気刺激策、対米対中外交、防衛力強化......もしかして史上最高の首相?

    2019123120200107issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2019年12月31日/2020年1月7日号(12月24日発売)は「ISSUES 2020」特集。米大統領選トランプ再選の可能性、「見えない」日本外交の処方箋、中国・インド経済の急成長の終焉など、12の論点から無秩序化する世界を読み解く年末の大合併号です。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 10

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場