Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

「今やアメリカの指導者は嘘つきで英雄などどこにもいない」元CIA工作員のコロナ在宅日記

2020年06月03日(水)18時30分
    「今やアメリカの指導者は嘘つきで英雄などどこにもいない」元CIA工作員のコロナ在宅日記

    シマリスとの戦いに疲れてひと休みする?愛犬のモホーク GLENN CARLE

    <アメリカは常に成功し問題を解決する国だった。それが今では指導者は嘘つきで、英雄なんてどこにもいない――無能で腐敗した大統領が大手を振る国のコロナな日常>

    わが家の庭にシマリスの一家が住み着き、芝生を掘って巣穴を作った。この不届きな一家を追って成敗しようと、愛犬のモホークも芝生を掘った。おかげで被害は拡大した。モホークは番犬のはずだが、小さな害獣の侵入に過剰反応し、事態をさらに悪化させている。

    わが家の庭の状況は、新型コロナウイルスに翻弄される社会の絶好のメタファーだ。

    3日前、私はスーパーマーケットに足を踏み入れた。妻も私も感染を免れているが、自宅以外の建物を訪れるのは実に72日ぶりで、これはかなり緊張した。客はほとんどいなかった。誰もがマスクを着け、他の人と擦れ違わないよう床の矢印をたどって歩いていた。

    ここマサチューセッツ州とアメリカの半分で、日ごとの死者と新規感染者はゆっくりと減り続けている。国の残りの半分では、死者と感染者が増えている。

    5月26日午後12時30分、アメリカの死者は10万人に達した。買ったばかりのアボカドと牛乳にそれだけの危険を冒す価値があったのか、帰りの車の中で疑問が湧いた。

    ウイルスに対する私たちの唯一の武器は、社会的距離を取ることだ。私と家族は社会的距離戦略の継続を強く支持しながら、それに伴う経済的・社会的コストの深刻さに気付いている。それでもトランプ米大統領と共和党支持者は、経済再開と社会が正常に「見える」ことが再選のために重要だと考えている。国民の命を守ることよりもだ。

    学校や企業の再開は安全なはずがない

    わが家に近いビーチは6月1日に再開する予定だが、家族は誰も行かない。多くの人々がマスクも着けず、肘がぶつかり合うくらいの距離で立ち飲みのバーに群がる他のビーチの画像を見て、私たちはぞっとした。

    それに、どれだけ対策を講じても、飛行機による移動が安全とは思えない。学校や企業の活動再開も安全なはずがない。

    新型コロナウイルスのせいで1日に約1500人のアメリカ人が死んでいるというのに、政府はスポーツイベントや経済活動の再開を求めている。もはや過失致死罪に当たる行為だが、死者が出ることなど承知の上なのかもしれない。

    私が13歳のとき、月を目指したアポロ13号は事故に遭遇した。宇宙飛行士はいつだって英雄だったから、私は彼らが問題を解決できると信じていた。実際、乗組員は問題を解決し、危機を勝利に変えた。アメリカは常に成功し、問題を克服する国だった。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 7

      日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

    • 8

      「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

    • 9

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 10

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 4

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

    • 5

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 6

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 7

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 8

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 9

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 10

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 7

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 8

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と