Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

カニエとトランプは2人とも「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」

2020年07月17日(金)16時15分
    カニエとトランプは2人とも「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」

    かつてはトランプ支持を明言していたカニエ ANDREW HARRER-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

    <ヒップホップ界のスター、カニエ・ウェストの大統領選への立候補は驚くようなことではない。ウェストの行動が映し出す今日のアメリカ社会の実像とは>

    今も昔も民主主義国で選挙に臨む政治家は、高邁な理念に見せ掛けて、常に有権者の自己愛と利己心、そして恐怖心に訴え掛けようとしてきた。普通の国民が社会の価値観を形づくる時代の政治は、バーで酔っぱらいがわめき散らすざれごとに似てくる。

    その点では、このドナルド・トランプの時代に、ヒップホップ界のスター、カニエ・ウェストが大統領選への立候補を宣言したのはそれほど驚くようなことではないのかもしれない。

    これをシュールな茶番劇として片付けるのは簡単だ。しかし、ウェストの出馬表明はアメリカの政治と社会の本質を浮き彫りにしている。

    好意的に解釈すれば、これまで彼が作品で取り上げてきた不正義を是正したいという使命感に駆られて行動したと見なせなくもない。ウェストの曲は、社会でまかり通る不正義と、抑圧と疎外の中で痛みと不信を抱きつつも人生の意義と喜びを見いだそうとする個人の苦闘を描き出している。その半面、ウェストは、自らが提起してきた問題にどのように対処すればいいかという一貫した考えを持ち合わせていない。

    米社会のエリート嫌悪を象徴

    7月4日の出馬表明は、その4日前に新曲「ウォッシュ・アス・イン・ザ・ブラッド」をリリースしたタイミングで注目を集めることが目的だったようにも思える(この曲は、人種的不正義と黒人の怒りを表現しつつ、黒人の勇気と決意をたたえるパワフルな作品だと思う)。

    出馬表明は、大統領選でトランプの再選を助けるための行動だという見方もある。黒人であるウェストが反トランプ票、とりわけ黒人票を吸い上げることにより、民主党のジョー・バイデン候補の得票を減らすことをもくろんでいる、というわけだ。

    もっとも、アメリカの黒人のうちでウェストを好意的にみている人は約9%にとどまる。この反応は意外でない。彼はトランプ支持を明言していて、2年前にはアメリカの奴隷制度を肯定するかのような発言をしたことがあるからだ。いま有権者の関心は、新型コロナウイルス、失業、黒人に対する警察の暴力に向いている。

    そもそもウェストは、大統領選に立候補するために必要な手続きや政治的準備を進めていない。それでも、本当に出馬するかはともかく、少なくとも望みどおり(一瞬にせよ)スポットライトを浴びることはできるだろう。

    【関連記事】カニエ・ウエスト、迷走する大統領選出馬の真相

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

    • 2

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 3

      新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避妊 「バイデン米大統領」は中国の暗部に切り込めるのか

    • 4

      ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

    • 7

      落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

    • 8

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 9

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

    • 10

      アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

    • 1

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 2

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

    • 3

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 4

      在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

    • 5

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 6

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 7

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 8

      トランプが台湾に売った対中兵器の中身

    • 9

      韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

    • 10

      千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 10

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う