Newsweek

グレン・カール

CIAが視る世界

カニエとトランプは2人とも「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」

2020年07月17日(金)16時15分

    それよりも注目すべきなのは、ウェストの行動がアメリカ社会の実像を映し出していることだ。彼の一連の振る舞いは、アメリカの民主主義を体現するものと言える。アメリカ独立革命は、市民を主権者、国家を市民への奉仕者と位置付けた。それ以降のアメリカの歴史は、個人の権利を少しずつ、しかし着実に拡大し、既得権を突き崩して能力主義に置き換えようとする闘争の歴史だった。

    その結果、アメリカの文化は、エリートを民主主義の精神に反する存在と見なす傾向がある。専門家の知識はしばしば揶揄の対象になり、非民主的、言い換えれば「非アメリカ的」なものと決め付けられる。

    ドナルド・トランプとカニエ・ウェストは、「誰でも大統領になれる」というアメリカンドリームをゆがんだ形で実践しようとしている。2人は、専門家やエリートを拒絶するアメリカ文化の申し子と言える。

    その意味で、アメリカの慣用句を使って表現すれば、トランプとウェストは「アップルパイと同じくらいアメリカらしい」存在だ。問題は、リンゴの中にしばしば害虫が入り込んでいることなのだが。

    <本誌2020年7月21日号掲載>

    【話題の記事】
    キム・カーダシアンの「キモノ」に怒った日本人よ、ジンギスカンの料理名を変えて
    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染
    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?
    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している可能性がある」と最新研究

    20200721issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年7月21日号(7月14日発売)は「台湾の力量」特集。コロナ対策で世界を驚かせ、中国の圧力に孤軍奮闘。外交・ITで存在感を増す台湾の実力と展望は? PLUS デジタル担当大臣オードリー・タンの真価。

    プロフィール

    プロフィール

    グレン・カール

    GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実