Newsweek

早坂 隆

たかがジョーク されどジョーク

ワクチン世界最速のイスラエル、ユダヤ人ジョークに見るその国民性

2021年02月22日(月)11時40分

    ILLUSTRATION BY AYAKO OCHI FOR NEWSWEEK JAPAN

    <ユダヤ人が1948年に建国し、コロナワクチン接種で今、国際的な注目を集めるイスラエル。ジョークの世界では、欧米人が抱く「ユダヤ人観」が反映されている>

    【捜索の結果】
    ある日、アメリカのとあるユダヤ人コミュニティーで発行されている新聞に、小さな広告が出た。

    「先日、私は町の外れで財布を落としてしまいました。もし見つけていただければ、謝礼は致します」

    彼が財布を落としたとされるその場所は、今では「グランドキャニオン」と呼ばれている。

    ◇ ◇ ◇

    新型コロナウイルスのワクチン接種を世界最速のペースで進め、国際的な注目を集めるイスラエル。ヘブライ語で「神が支配する」を表すこの国は、第2次大戦後の1948年にユダヤ人によって建国された。

    私は2度、イスラエルを訪れたことがある。1度目は2002年、隣国ヨルダンからの陸路であった。

    ヨルダンの首都アンマンから乗ったバスは無事に国境に到着。しかし、イスラエル側の入国審査には、2時間ほど時間がかかった。

    アンマンの市場で買ったモスク(イスラム礼拝所)の形をした目覚まし時計(セットした時間になるとアザーン〔イスラム教における礼拝への呼び掛け〕が流れるお気に入り)は、無残にも分解されて壊れてしまった。「時限爆弾」と疑われたようであった。

    パスポートに入国スタンプを押されてしまうと、周辺のいくつかのアラブ諸国に入国できなくなってしまうため、別紙に押印してもらう。入国審査所には若い女性の係員や兵士が多かったが、無理やり明るい雰囲気を演出しているように見えた。

    2009年、2度目のイスラエル入国は、テルアビブの空港からだった。大半の乗客はすんなりと審査を通過していたが、私は別室に連れられ、荷物を細かくチェックされた。

    「そのヒゲは何だ?」

    と聞かれたが、何だと言われても答えようがない。かなりの難問であった。

    ユダヤ人はジョークの世界では「商売上手」「したたか」、そして冒頭の引用どおり「お金に執着する」といった配役で登場する。これは主に欧米人が抱く「ユダヤ人観」が濃厚に反映された結果と言えるだろう。

    プロフィール

    プロフィール

    早坂 隆

    ノンフィクション作家、ジョーク収集家。著書に『世界の日本人ジョーク集』『新・世界の日本人ジョーク集』(共に中公新書ラクレ)、『指揮官の決断――満州とアッツの将軍 樋口季一郎』『永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」』『ペリリュー玉砕――南洋のサムライ・中川州男の戦い』(いずれも文春新書)、『すばらしき国、ニッポン』(文響社)、『昭和史の声』(飛鳥新社)など。最新刊は『世界の日本人ジョーク集 令和編』(中公新書ラクレ)。

    本誌紹介

    特集:歴史に学ぶ  感染症の終わり方

    本誌 最新号

    特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

    ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

    2021年4月27日号  4/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

    • 4

      史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 7

      菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

    • 8

      ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

    • 9

      イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

    • 10

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      青色の天然着色料が発見される

    • 4

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 7

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 8

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 9

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い