Newsweek

英失業率、5─7月は4.3%に低下 賃金の伸びは予想に届かず

2017年09月13日(水)20時00分

[ロンドン 13日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した統計によると、5─7月の失業率(ILO方式)は4.3%で、4─6月の4.4%から予想外に低下、1975年以来の水準となった。ただ賃金の伸び率は予想を下回った。

統計を受けて、イングランド銀行(英中銀)の当局者の間で、利上げ時期を巡る意見の対立が深まりそうだ。また、公的セクターの給与の上限をさらに緩和するよう、メイ政権への圧力が強まる可能性がある。

就業者数は過去最高の3213万6000人で、18万1000人増。2015年終盤以来の大幅な増加となった。欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)が決まった国民投票以降、今年は英経済の不振を示す兆候が出ているが、雇用創出は急ピッチで進んでいることが分かった。

5─7月の賃金は前年同期比2.1%増。ここ数カ月とほぼ同水準の伸びにとどまった。ロイター調査では2.3%増が予想されていた。

ボーナスを除いた賃金は2.1%増加。予想は2.2%増だった。

フィデリティ・インターナショナルのファンドマネジャー、エド・モンク氏は、賃金の伸びが鈍いことを受けて、イングランド銀行は今週の政策会合でインフレ上昇を精査する可能性がより高くなったと指摘。その上で「物価は目標を超えて上昇しているが、今日の賃金のデータはすべての経済データが改善したわけではないことを示している」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2013 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

本誌 最新号

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

2017年9月26日号  9/20発売

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 4

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 9

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 9

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 10

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい