Newsweek

保坂修司

イスラーム世界の現在形

サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

2018年01月30日(火)19時20分
    サウジ対イラン、中東の新たな対立の構図

    サウジのムハンマド皇太子はイランとどう対峙するのか(写真は昨年11月にリヤドで開催された国際フォーラムの会場に掲示された皇太子の姿) Faisal Nasser-REUTERS

    <対テロ戦争は新たな局面に入り、勢力図の変化が次なる争いの火種を生む>

    2017年の中東ではいくつもの大きな変化があった。最大の事件は、イラクとシリアにまたがってカリフ国家樹立を宣言していたテロ組織ISIS(自称イスラム国)がモスルとラッカという拠点を失い、勢力を減退させたことだ。

    プロフィール

    プロフィール

    保坂修司

    日本エネルギー経済研究所研究理事。
    慶應義塾大学大学院修士課程修了(東洋史専攻)。在クウェート日本大使館・在サウジアラビア日本大使館専門調査員、中東調査会研究員、近畿大学教授等を経て、現職。早稲田大学客員教授を兼任。専門はペルシア湾岸地域近現代史、中東メディア論。主な著書に『乞食とイスラーム』(筑摩書房)、『新版 オサマ・ビンラディンの生涯と聖戦』(朝日新聞出版)、『イラク戦争と変貌する中東世界』『サイバー・イスラーム――越境する公共圏』(いずれも山川出版社)、『サウジアラビア――変わりゆく石油王国』『ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ』(いずれも岩波書店)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:米朝会談の勝者

    本誌 最新号

    特集:米朝会談の勝者

    トランプ、金正恩、日本、中国......世紀の対面で得したのは? 会談結果から見えてくる米朝交渉と非核化の行方

    2018年6月26日号  6/19発売

    人気ランキング

    • 1

      アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

    • 2

      ゲノム編集で生まれた「スーパーピッグ」の肉、数年内にイギリスで市販か

    • 3

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

    • 4

      不法移民の子どもは薬漬けで大人しくさせられていた?

    • 5

      ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛え…

    • 6

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 7

      米朝首脳会談の裏で、日本が打ち上げた事実上の「偵…

    • 8

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

    • 9

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

    • 10

      パレスチナ映画『ガザの美容室』にイスラエルが出て…

    • 1

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

    • 2

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 3

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という研究結果が明らかに

    • 4

      大阪北部地震、被害状況しだいに判明 企業活動にも…

    • 5

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物…

    • 6

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 7

      「日本は深く考えてみるべきだ」北朝鮮がお説教を始…

    • 8

      サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

    • 9

      アメリカでようやく根付き始めた日本のライトノベル

    • 10

      世界最軽量、ワイヤレスで給電できるハエのような飛…

    • 1

      頭は鳥、体は魚!? 釣り針にかかった奇妙な生き物の正体は...

    • 2

      会談中止で言ってることが支離滅裂......金正恩のメンタルは大丈夫か

    • 3

      トランプみごと!──金正恩がんじがらめ、習近平タジタジ

    • 4

      中国激怒──米朝首脳会談中止

    • 5

      噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

    • 6

      「魚や貝を通じてプラスチックを食べている」という…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質…

    • 10

      京都は40年前に路面電車を廃止した、大きな過ちだった

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい