Newsweek

木村幹

韓国を知る

新天皇を迎える韓国

2019年05月01日(水)08時46分
    新天皇を迎える韓国

    5月1日、皇居前で新天皇即位を祝う人々。 韓国には、リベラルな前天皇の退位を不安がる論調もある Issei Kato−REUTERS

    <平成の終わりとともに、前天皇が望んだ韓国訪問の機会は永遠に失われた。日本政府に課せられた宿題はますます重い>

    平成の世が終わり、令和の時代がはじまった。もちろん、今日の元号とは天皇の代替わりにより、新たになるものであり、それ自身が何らかの大きな時代の変化を表すものではない。

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』 の他、『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

    • 2

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 3

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と異なる要因

    • 4

      日本メディアが使う「中国の少数民族」は政治的な差…

    • 5

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 6

      ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

    • 7

      特権社会・中国ではポルノを見るのも一部の特権

    • 8

      アラスカからNZまで、11日間不休で1万2000キロ、渡り…

    • 9

      中国政府、国内の米国人を拘束する可能性警告 米司…

    • 10

      トランプを批判し「狙われた」美人知事のさらなる受難

    • 1

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 2

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 3

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

    • 4

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 5

      在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

    • 6

      ヒトが進化している証拠? 前腕に動脈を3本持つ人が…

    • 7

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 8

      トランプが台湾に売った対中兵器の中身

    • 9

      韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

    • 10

      ネコにゆっくりと瞬きすると、ネコもゆっくりと瞬き…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 4

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 10

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う