Newsweek

木村幹

韓国を知る

日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

2020年02月17日(月)15時40分
    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

    感染が拡大する日本への国民の関心は高い(写真は2月10日、ソウル駅)Heo Ran-REUTERS

    <韓国政府は日本を『新型ウィルス汚染地域』に公式に指定したがっているのだが、文在寅が止めている、と韓国では言われている。その背景には、韓国の複雑な政治事情が>

    大学が春休みになったので、久々に1週間という「長い」期間を使ってソウルに滞在している。研究に関わる仕事をこなすと同時に、多くの人と顔を合わせ、「今」の韓国に関わる様々な意見を集めるのがその主たる目的である。

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』 の他、『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    本誌紹介

    特集:ドイツ妄信の罠

    本誌 最新号

    特集:ドイツ妄信の罠

    良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

    2020年11月 3日号  10/27発売

    人気ランキング

    • 1

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 2

      ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇を観測

    • 3

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 4

      黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

    • 5

      中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」…

    • 6

      新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

    • 7

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 8

      米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

    • 9

      新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

    • 10

      アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 4

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 5

      女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

    • 6

      インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

    • 7

      菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

    • 8

      新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

    • 9

      毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

    • 10

      対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 4

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う