Newsweek

木村幹

韓国を知る

日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「強硬手段」に訴えない理由

2020年02月17日(月)15時40分

    この様なこれまでの政権の状況を考えれば、自らの大統領就任から3年目の終わり、という比較的遅い時期に国会議員選挙を迎える文在寅は、極めて不利な「星回り」に当たっていた筈である。

    しかしながら、今、文在寅政権を巡る状況はこのような「星回り」とは、少し異なるものとなっている。何故なら文在寅は以前40%後半、という大統領就任後4年目を目前とする時期の大統領としては、過去2番目──つまり初の南北首脳会談を実現し、その年ノーベル平和賞を受賞した金大中に次いで──の相対的に高い支持率を維持しており、与党民主党も野党自由韓国党に対して、支持率にして10%近いリードを維持しているからである。とりわけ、韓国において選挙の勝利を分けるソウル首都圏において、与党は野党に安定したリードを有しており、仮にこの支持率が今後も続けば、与党が野党に勝利を収める可能性が高くなる。そして政権発足から3年目の終わりに行われるこの選挙に勝利すれば、文在寅政権はその政権基盤はレイムダック化するどころか、逆に大きく強化されることになる。まさに歴代大統領ではありえなかった状況だ。

    イデオロギーが両極化

    この様な異例の状況を作り出している最大の理由は、野党、とりわけその中核を占める保守中道勢力が依然として分裂状態にある事である。2月16日の段階で韓国の保守中道勢力は、最大野党自由韓国党以外に、新しい保守党、正しい未来党、代案新党、未来韓国党、民主平和党、未来に向かって前進4.0、ウリ共和党等の少数政党が分立した状態にあり、この状況下、各党は生き残りをかけた統合への動きを進めている。この動きは現在、自由韓国党を中心とする保守勢力をまとめあげた「未来統合党」への統合の動きと、正しい未来党を中心とした中道勢力からなる「民主統合党」結成への動きに集約されつつある。しかし仮にこの統合が順調に進んでも、依然として野党が分立する状況に変わりはなく、加えて2017年の大統領選挙に立候補した安哲秀が新党を立ち上げる動きすら存在する。投票日まで2ヶ月を切ったこの時期においたこの状況で、彼らが「反文在寅票」を集められる一つの組織へとまとまれるか否かは、依然、予断を許さない。

    だからこそこの様な状況において、進歩勢力と保守中道勢力の双方は、両者の間に存在する支持政党なし層を取り組んで勢力を拡大する方向ではなく、まずは自陣営の結束を強化し、陣営内の主導権を取ることにその力の多くを注いでいる。激しい主導権争いが展開されている保守中道勢力においては、まずは「誰が正統な進歩勢力への挑戦者となりうるか」を証明する事が必要であり、また与党からすれば、野党が分裂している限り、自らの支持層をまとめるだけで選挙に勝利できる可能性が大きくなるからである。結果として、両者はますますイデオロギー色を強め、ただでさえ左右に大きく分かれた韓国社会の亀裂は大きく開くこととなっている。

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』 の他、『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    本誌紹介

    特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

    本誌 最新号

    特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

    第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

    2021年3月 2日号  2/24発売

    人気ランキング

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

    • 3

      タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

    • 4

      日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

    • 5

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 6

      新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

    • 7

      免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

    • 8

      全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

    • 9

      医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

    • 10

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 1

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 2

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 3

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 4

      トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

    • 5

      動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

    • 6

      NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

    • 7

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 8

      弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

    • 9

      アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

    • 10

      対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

    • 1

      フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

    • 2

      ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

    • 3

      屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

    • 4

      さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

    • 5

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 6

      韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

    • 7

      全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

    • 8

      中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

    • 9

      「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

    • 10

      現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ禍でドライブインシアター人気が再び