Newsweek

木村幹

韓国を知る

韓国「巨大与党」誕生の意味

2020年04月20日(月)10時40分
    韓国「巨大与党」誕生の意味

    新型コロナ感染防止のためのマスクと手袋をして投票に向かう文在寅大統領。政府のコロナ対策の人気が、与党の思わぬ追い風になった(4月10日、ソウル) Yonhap/REUTERS

    <総選挙での与党勢力の歴史的大勝利によって、文在寅は野党の反対も気にせず法案を通し、世論を恐れず外交を展開できる力を得た。その力を、一体どう使うのか>

    大統領制を取る多くの国家では原則として、大統領は議会の解散権は有していない。だからこそ、これらの国では憲法の改正等、よほどのことがない限り、議会選挙は定められた議員任期に併せて定期的に行われる事になる。

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 5

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 6

        スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

      • 9

        北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

      • 10

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 7

        街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

      • 8

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 9

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      • 10

        「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場