Newsweek

木村幹

韓国を知る

米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

2020年12月25日(金)21時35分
    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

    あと一カ月足らずでトランプに取って代わるバイデンだが手の内は見えない(11月24日、閣僚に指名したメンバーと共に) Jonathan Ernst-REUTERS

    <オバマの東アジア政策を踏襲するとみられるバイデン大統領からより多くの支持を引き出すのは日本か、韓国か>

    アメリカでの大統領選挙が終わり、民主党のバイデン候補の当選が確定した。現大統領であるトランプは、依然、選挙において大量の不正があったと主張し、自らが真の当選者である旨繰り返しているものの、共和党内部においてすら、これを支持する声は急速に小さくなっている。

    プロフィール

    プロフィール

    木村幹

    1966年大阪府生まれ。神戸大学大学院国際協力研究科教授。また、NPO法人汎太平洋フォーラム理事長、神戸新聞客員論説委員を兼任。専門は比較政治学、朝鮮半島地域研究。著書に『歴史認識はどう語られてきたか』 の他、『日本の常識は通用しない 慰安婦合意反故「法より正義の国 韓国」』、『朝鮮半島をどう見るか』、『韓国における「権威主義的」体制の成立』(サントリー学芸賞)、『朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識』(アジア・太平洋賞)、『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(共著)など。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 2

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

    • 3

      英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

    • 4

      文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

    • 5

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 6

      バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

    • 7

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

    • 8

      日本食を芸術へと高める「ワサビ」の里 山と海をつ…

    • 9

      「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

    • 10

      新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 3

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 4

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 5

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 6

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 7

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 10

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 6

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 7

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 8

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 9

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 10

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶