Newsweek

河東哲夫

外交官の万華鏡

「草食性」新入社員に贈る、脱会社型の働き方革命

2018年04月09日(月)10時45分
    「草食性」新入社員に贈る、脱会社型の働き方革命

    就職フェアを訪れる学生たち(2012年5月) Toru Hanai-REUTERS

    <「一流企業の終身雇用」から個人の資質重視へ――アベノミクスが失速した後の日本経済の処方箋>

    このところ、東京の街の交通量やスーパーの客数を見ると、景気は過熱気味のようで、アベノミクスも効いてきたかと思っていた。ところが円高で雲行きが怪しくなってきた。アベノミクスは円安による輸出増で演出した幻なのか。長期持続的に効く薬、つまり日本経済・社会の活性化が手薄だったのだ。

    プロフィール

    プロフィール

    河東哲夫

    (かわとう・あきお)外交アナリスト。
    外交官としてロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任。メールマガジン『文明の万華鏡』を主宰。著書に『米・中・ロシア 虚像に怯えるな』など  <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

    • 5

      【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

    • 6

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 7

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 8

      変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

    • 9

      世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

    • 10

      「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」とい…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 6

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 7

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 10

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい