Newsweek

加谷珪一

コロナ給付金の財源問題も即解決だが......取り扱い注意なトービン税とは

加谷珪一

消費税の減税に踏み切ったドイツ──日本が学ぶべきこととは

加谷珪一

持続化給付金「中抜き」疑惑とアベノマスク──不透明取引の「経済性」を読み解く

加谷珪一

日本が直面する「8割経済」 業種別に業績をシミュレーションすると......

加谷珪一

日本よ、縮小を恐れるな──現実を直視して「豊かな小国」になろう

加谷珪一

時代遅れの日本の「カイシャ」は、新型コロナで生まれ変われるか

加谷珪一

新型コロナによる経済損失を「スペイン風邪」の歴史から考える

加谷珪一

「10万円給付」は6月以降に? なぜこんなに手続きが遅いのか

加谷珪一

お国柄が表れる各国の新型コロナ経済対策 日本の特徴とは?

加谷珪一

安倍首相が「世界最大級」と胸を張る、117兆円対策の大いなるウソ

加谷珪一

コロナ不況下の日本に、最悪のスタグフレーションが迫る構図を読み解く

加谷珪一

現金給付と休業補償、コロナ経済対策で救われるべきは誰なのか?

加谷珪一

コロナ危機により、ついにベーシック・インカムが実現する可能性

加谷珪一

安倍政権の新型コロナ経済対策しだいで、日本経済の未来が変わる

加谷珪一

管理職が多すぎる! 変わる日本企業の人事制度が意味するもの

加谷珪一

コロナショックで加速する経済の大再編──日本と世界はどう変わるのか

加谷珪一

株価暴落「コロナ相場」の裏で起きている、もっと深刻な構造変化とは

加谷珪一

大幅なマイナス成長の日本、生き残りへの選択肢は2つしかない

加谷珪一

「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて三木谷氏にダメ出しする

加谷珪一

感染症予防の意識が低すぎる日本企業の「働かせ方」にも改革が必要だ

プロフィール

プロフィール

加谷珪一

経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。