Newsweek

加谷珪一

経済ニュースの文脈を読む

アルゼンチンが経済危機を繰り返す最大の理由

2018年05月15日(火)17時00分
    アルゼンチンが経済危機を繰り返す最大の理由

    最悪の事態になる前に正しい選択をしたマクリ大統領だが、国民は抗議デモで反発 Marcos Brindicci-REUTERS

    <財政危機を招いているのは、国民の自業自得? 自国が貧しくなったとしても国民が欲しいものとは...>

    アルゼンチンが通貨ペソの急落を受けて、IMF(国際通貨基金)に支援を要請した。早い段階での支援要請は理屈の上では正しい決断だが、政治的にこれがどう作用するのかは分からない。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 2

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 5

      性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

    • 6

      中国大手32社が「不審死&経営難」海南航空と同じ運…

    • 7

      「トランプが大豆産業を壊滅させた」──悲鳴を上げる…

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 10

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 1

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 2

      ウェスト81センチの巨漢ネコ、パーフェクトボディ目指し監視下に置かれる

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 5

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 6

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 7

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 8

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 9

      「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

    • 10

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 1

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 2

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 6

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 7

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい