Newsweek

加谷珪一

経済ニュースの文脈を読む

トヨタのディーラー網見直しから見えてくる日本経済の新しい姿

2018年10月02日(火)13時00分
    トヨタのディーラー網見直しから見えてくる日本経済の新しい姿

    2025年をめどにすべての販売店で全車種を販売できるようにする方針 blinow61-iStock

    <日本経済の化身と言ってもいいトヨタの戦後最大級の決断の背景には、経済そのものの仕組みの変化がある>

    トヨタ自動車がいよいよ国内販売店網の見直しに着手した。同社が販売体制を抜本的に変革するのは、現在の経営体制になって以降、初めてのことである。トヨタという企業は、日本経済そのものといっても過言ではなく、一連の動きは日本社会の本質的な変化を意味している。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『お金は「歴史」で儲けなさい』(朝日新聞出版)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:間違いだらけのAI論

    本誌 最新号

    特集:間違いだらけのAI論

    AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

    2018年12月18日号  12/11発売

    人気ランキング

    • 1

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 2

      【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

    • 3

      宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

    • 6

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 7

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 8

      JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

    • 9

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 7

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 8

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 9

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい