Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

2019年08月27日(火)15時15分
    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    孫氏の発言は異例(写真は2018年11月) Kim Kyung-Hoon/REUTERS

    <日本は「かつて豊かだった」のではなく、もともと貧しかったのだ。事実、日本の労働生産性の順位はこの50年間ほとんど変わっていない。昔から傑出した技術大国であったという自らの「勘違い」に向き合わねば、日本経済はトンネルを抜けることはできない>

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:プラスチック・クライシス

    本誌 最新号

    特集:プラスチック・クライシス

    便利さばかりを追い求める人類が排出してきたプラスチックごみの「復讐劇」が始まった

    2019年11月26日号  11/19発売

    人気ランキング

    • 1

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っている

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      米中貿易協議は既に破綻しかけている

    • 4

      余命わずかな科学者が世界初の完全サイボーグに!?

    • 5

      香港デモ、理工大キャンパスがまるで「内戦」

    • 6

      北京、動くか 香港デモ

    • 7

      香港の若者が一歩も退かない本当の理由

    • 8

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 9

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 10

      「陰」のナショナリズムが流行る時──250年の歴史の中で

    • 1

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 2

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請求書

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      日本のノーベル賞受賞に思う、日本と韓国の教育の違い

    • 6

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の…

    • 7

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 8

      「安い国」になった日本の現実は、日本人にとって幸…

    • 9

      香港の完全支配を目指す中国を、破滅的な展開が待っ…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 2

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 3

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の境界線を超えた 科学者が警告

    • 4

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      トランプが日本に突き付けた「思いやり予算」4倍の請…

    • 8

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 9

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 10

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年