Newsweek

加谷珪一

経済ニュース超解説

「金投資」黄金時代が続きそうな理由

2021年01月28日(木)19時10分
    「金投資」黄金時代が続きそうな理由

    farakos-iStock.

    <2年で1200ドルから2000ドルへ上昇したが、今後も堅調に推移する可能性が高い>

    2018年後半に1トロイオンス=1200ドル台だった金価格は、2019年に入ってから一本調子で上昇を続け、2020年のコロナ危機をきっかけに上昇にさらに拍車が掛かっている。

    2000ドル突破後は売られ、直近では調整が続いているが、多くの投資家が強気の姿勢を崩していない。

    金価格に上昇期待が生じた最大の理由は、量的緩和策による低金利である。

    量的緩和策は市場にマネーを大量供給し、金利低下とインフレ期待という相反する状況をつくり出す政策。アメリカや欧州は量的緩和策を既に終了しているが、過剰流動性と低金利は継続しており、株式市場では株高が、債券市場では債券高が発生している。

    transaction_accounts_superbanner.jpg

    本来、株式と債券は逆相関でありリスクヘッジの対象となるが、この状況下ではそうしたポートフォリオは組めず、機関投資家は十分なリスクヘッジができない。このためポートフォリオの一部を金などの実物資産に換える動きが続いており、金へのニーズは継続する可能性が高い。

    コロナ危機によって各国の財政が悪化していることも追い風となっている。経済学の常識として、財政悪化は金利上昇とインフレを誘発するため、金は有力な投資対象となる。

    金への投資は一般的に長期的なスタンスなので、目先の相場には影響を受けない。仮にインフレがそれほど進まなくても、金は堅調に推移する可能性が高いだろう。

    <2021年1月12日号「2021年に始める 投資超入門」特集より>

    20210427issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    4月27日号(4月20日発売)は「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」特集。ペスト、スペイン風邪、天然痘……はどう消えた? コロナ収束の道筋を3つのシナリオから読み解く。

    プロフィール

    プロフィール

    加谷珪一

    経済評論家。東北大学工学部卒業後、日経BP社に記者として入社。野村證券グループの投資ファンド運用会社に転じ、企業評価や投資業務を担当する。独立後は、中央省庁や政府系金融機関などに対するコンサルティング業務に従事。現在は金融、経済、ビジネス、ITなどの分野で執筆活動を行う。億単位の資産を運用する個人投資家でもある。
    『お金持ちの教科書』 『大金持ちの教科書』(いずれもCCCメディアハウス)、『感じる経済学』(SBクリエイティブ)など著書多数。

    本誌紹介

    特集:歴史に学ぶ  感染症の終わり方

    本誌 最新号

    特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

    ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

    2021年4月27日号  4/20発売

    人気ランキング

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

    • 4

      史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 7

      菅首相が「国際公約」にしてしまった東京五輪の現実…

    • 8

      ワクチン接種後はマスクなしでOK?──米CDCが指針を発表

    • 9

      イバンカ・トランプ、3カ月間の「沈黙」を破るツイー…

    • 10

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 1

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 2

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 3

      青色の天然着色料が発見される

    • 4

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    • 5

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる…

    • 6

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 7

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 8

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 9

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリア内戦、10年目の絶望と救い