Newsweek

金香清(キム・ヒャンチョン)

朝鮮半島3.0

文在寅支持層が女子アイスホッケー合同チームに反発する理由

2018年02月05日(月)19時30分
文在寅支持層が女子アイスホッケー合同チームに反発する理由

女子アイスホッケーチームを訪れた文在寅大統領 Yonhap via REUTERS

「まるで平昌(ピョンチャン)五輪ではなく、平壌(ピョンヤン)五輪」
と言ったのは韓国保守派・自由韓国党の国会議員であるナ・ギョンウォンである。

2月9日から開催される平昌冬季五輪で予定されている、南北朝鮮の合同入場ほか、北朝鮮応援団の派遣、女子アイスホッケーの南北合同チームの結成などを皮肉った言葉だ。

プロフィール

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:間違いだらけのAI論

本誌 最新号

特集:間違いだらけのAI論

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

2018年12月18日号  12/11発売

人気ランキング

  • 1

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 2

    中国の世界制覇を阻止するために日本がやるべきこと――Huawei事件を巡って

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    5歳にして3カ国語操る子供──マルチリンガルだらけ、…

  • 10

    アメリカの34%の河川で塩分濃度が上昇していた

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 5

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    中国当局がひた隠すスラム街の存在

  • 8

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 9

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 10

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 8

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい