Newsweek

金香清(キム・ヒャンチョン)

朝鮮半島3.0

映画で生き返る光州抗争

2018年04月11日(水)15時30分
映画で生き返る光州抗争

国立5・18民主墓地にあるドイツ人記者ユルゲン・ヒンツペーターの墓 photo; Kashima Miyuki

<1980年5月にあった光州民主化抗争を題材にした映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』が韓国で大ヒット。そして、その光州を訪れた>

昨年11月、韓国西南部にある全羅南道・光州に足を運んだ。

これまで数え切れないほど韓国を訪問しているが、その度に実感するのは街や社会に「消せない歴史」が存在して生きているということだ。

プロフィール

プロフィール

金香清(キム・ヒャンチョン)

国際ニュース誌「クーリエ・ジャポン」創刊号より朝鮮半島担当スタッフとして従事。退職後、韓国情報専門紙「Tesoro」(発行・ソウル新聞社)副編集長を経て、現在はコラムニスト、翻訳家として活動。訳書に『後継者 金正恩』(講談社)がある。新著『朴槿恵 心を操られた大統領 』(文藝春秋社)が発売中。青瓦台スキャンダルの全貌を綴った。

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:遺伝子最前線

本誌 最新号

特集:遺伝子最前線

革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

2019年1月22日号  1/16発売

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

  • 3

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

  • 4

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 5

    北朝鮮国民にとって最も苦しくて辛い「人糞集め」

  • 6

    宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

  • 7

    K-POPアイドルBLACKPINKを宗教警察が逮捕? 公演控…

  • 8

    【EU離脱】一人ぼっちになったイギリスを待つ悪夢

  • 9

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 1

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 2

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 3

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

  • 4

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

  • 7

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 8

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 9

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 10

    韓国で日本製品の不買運動計画がたびたび起きても不…

  • 1

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

  • 2

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 3

    気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

  • 4

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」…

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 7

    日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

  • 8

    オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

  • 9

    アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

  • 10

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい