Newsweek

金 明中(ニッセイ基礎研究所)

日韓を読み解く

テレワークを大企業の特権で終わらすな

2020年03月13日(金)17時40分
    テレワークを大企業の特権で終わらすな

    テレワークを導入する企業も増えてきたが、日本の多くの労働者にとってはいまだ絵に描いた餅 kimberrywood-iStock

    <新型コロナウイルスで働き方の格差がますます広がる?>

    新型コロナウイルス対策としてテレワークに関する関心が高まる

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、在宅勤務を含むテレワークに関する関心が高まっている。総務省の定義によると、テレワークとは「ICTを活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」であり、大きく、在宅勤務、サテライトオフィス勤務、モバイルワークに区分することができる。

    新型コロナウイルスに対する対策として、在宅勤務日数を増やす企業も増えており、会社のオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなど、会社から離れた場所で業務を遂行するリモートワークを実施する企業も増加している。レノボ・ジャパンは最近、原則としてテレワーク勤務を推奨しており、本社オフィスのテレワーク勤務者の比率は通常の平均20%から3月11日時点には86%まで増加した。会議は原則としてオンラインで実施し、出勤が必要な場合は時差出勤するように奨励している。

    また、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、リスクヘッジのために一時的にオフィスを分散する企業も増加している。貸会議室を運営・管理する株式会社ティーケーピーは、企業からの要望を受け、3月11日より自社の貸会議室をオフィスとして企業へ提供するサービスを開始した。

    テレワークの導入率には企業間で大きな差が存在

    経団連が3月9日に発表した調査結果によると、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ対策として、テレワークや在宅勤務を始めたり予定していたりする企業は、回答企業の7割にのぼっていることが明らかになった(会員企業1,470社のうち398社が回答)。「検討中」と回答した企業も19%に達する。但し、経団連の会員企業には、いわゆる大企業が多く含まれており、この調査結果だけで、日本全体の状況を把握することは難しい。

    そこで、少し古いデータではあるものの、企業規模別のテレワーク導入率を見るために、総務省が実施した「平成30年通信利用動向調査」をみてみる。同調査における企業のテレワーク導入率は2012年の11.5%から2018年には19.1%まで上昇している。しかしながら、企業規模別の導入率(2018年)は従業員数「100~299人」が14.5%で、従業員数「2,000人以上」の46.1%を大きく下回っており、企業規模によりテレワークの導入率に大きな差があることが分かる。

    kim200318_telework.png

    テレワークの一部とも言える在宅勤務もいまだ定着していない。総務省が発表した「平成29年通信利用動向調査」によると、企業の在宅勤務の導入率は29.2%で3割を下回っている。最近の調査結果でも在宅勤務の導入率は改善されていない。旅行事業などを行っている株式会社エアトリが今年の2月に20代~70代の男女1,322人を対象に実施したインターネット調査の中で、会社の経営者や役員のみを回答対象とした設問の結果によると、勤務先に「在宅勤務制度」があると答えた回答者の割合は23.3%に過ぎなかった。企業が在宅勤務制度を取り入れていない理由としては、「導入してほしいという意見が挙がっていない」(33.3%)、「勤務をきちんと行ったかどうかの確認がしづらい」(33.3%)、「導入するきっかけがなかった」(27.3%)が上位3位を占めた。

    プロフィール

    プロフィール

    金 明中(ニッセイ基礎研究所)

    1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

    • 5

      習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

    • 6

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 7

      ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

    • 8

      やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

    • 9

      ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

    • 10

      英会話では英語が身につかない2つの理由

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 10

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 7

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 8

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 9

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 10

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場