Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

2018年05月17日(木)13時00分
    安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

    クレムリンで日本の安倍晋三首相との会談に向かうプーチン露大統領(2017年4月) Sergei Karpukhin- REUTERS

    [ロンドン発]「英国に到着したロシア人から空港でいわれなきチェックや質問を受けたという苦情が数週間前から電話で寄せられるようになった」。アレクサンドル・ヤコヴェンコ駐英ロシア大使は5月16日、こう英メディアに訴えた。

    英イングランド南西部ソールズベリーで2カ月前、ロシアの元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが猛毒の神経剤ノビチョクで暗殺されそうになった事件を引き金に英国とロシアの関係は冷戦以降、最悪の状態に陥っている。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 2

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行した人がいた

    • 3

      オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

    • 4

      元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

    • 5

      死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

    • 6

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 7

      遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      「慰安婦像」計画を却下した金正恩が、強硬路線に方…

    • 10

      性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

    • 1

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 2

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 5

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 8

      「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

    • 9

      ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 2

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 6

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 7

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 8

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 9

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

    • 10

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい