Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

2018年05月17日(木)13時00分
    安倍首相はロシアの「有益な愚か者」か プーチン大統領のプロパガンダ戦争

    クレムリンで日本の安倍晋三首相との会談に向かうプーチン露大統領(2017年4月) Sergei Karpukhin- REUTERS

    [ロンドン発]「英国に到着したロシア人から空港でいわれなきチェックや質問を受けたという苦情が数週間前から電話で寄せられるようになった」。アレクサンドル・ヤコヴェンコ駐英ロシア大使は5月16日、こう英メディアに訴えた。

    英イングランド南西部ソールズベリーで2カ月前、ロシアの元二重スパイ、セルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが猛毒の神経剤ノビチョクで暗殺されそうになった事件を引き金に英国とロシアの関係は冷戦以降、最悪の状態に陥っている。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:遺伝子最前線

    本誌 最新号

    特集:遺伝子最前線

    革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

    2019年1月22日号  1/16発売

    人気ランキング

    • 1

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 2

      NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

    • 3

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

    • 4

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 5

      北朝鮮国民にとって最も苦しくて辛い「人糞集め」

    • 6

      宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

    • 7

      K-POPアイドルBLACKPINKを宗教警察が逮捕? 公演控…

    • 8

      【EU離脱】一人ぼっちになったイギリスを待つ悪夢

    • 9

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 10

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 1

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 2

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 3

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

    • 4

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 7

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 10

      韓国で日本製品の不買運動計画がたびたび起きても不…

    • 1

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

    • 2

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 3

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 4

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」…

    • 5

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 6

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 7

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 8

      オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    • 9

      アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

    • 10

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい