Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

熱に浮かされたように強硬離脱に向かう英国 日系企業は最悪シナリオに備えよ

2018年10月03日(水)16時00分
    熱に浮かされたように強硬離脱に向かう英国 日系企業は最悪シナリオに備えよ

    強硬離脱を訴えたジョンソン前外相に聴衆は熱狂 Toby Melville-REUTERS

    [英イングランド中部バーミンガム発]バーミンガムで開かれている与党・保守党の党大会は強硬離脱(ハードブレグジット)派の決起大会のような熱気に包まれた。欧州連合(EU)からの離脱交渉に暗雲が立ち込める中、大会3日目の10月2日、強硬離脱派の頭目ボリス・ジョンソン前外相(54)が登壇すると、熱狂的な「ボリス」コールが沸き起こった。


    メイ首相を激しく糾弾するジョンソン前外相(筆者撮影)

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    本誌 最新号

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    2018年10月23日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 4

      中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

    • 5

      真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

    • 6

      トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

    • 7

      故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

    • 8

      新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

    • 9

      ドイツで潰えたグリーン電力の夢

    • 10

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

    • 3

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 4

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 7

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 8

      金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

    • 9

      心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

    • 10

      この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

    • 5

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 6

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 7

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 8

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい