Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか

2019年10月09日(水)18時30分
    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開された「表現の不自由展」は日本人の心を踏みにじるのか

    10月8日に再開された『表現の不自由展・その後』 ANN NEWS-YouTube

    動画撮影は禁止、SNSでの拡散は防止

    [ロンドン発]国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の展示が8日、再開されました。14日の会期末まで1週間を切っているものの、「芸術の自由」や「表現の自由」を何とか保ったというメッセージを世界に発信できて良かったと思います。

    朝日新聞によると「来場者の手荷物は預かり、動画撮影は禁止、SNSでの拡散防止は『誓約書』を書くほか、身分証明書も確認する厳格なものとなった」そうです。「見るのに1時間、手続きも合わせたら1時間半はかかるのではないか」(芸術祭実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事)ということです。

    座り込んで再開に抗議する河村たかし名古屋市長はハフポストのインタビューに「再開なんていかんね。決まっとるがね、こんなもん。本当に(日本人の心を)踏みにじりますよ。(略)こんな日本人の普通の人の気持ちをハイジャックして。暴力ですよ。そんなことやる人が、なぜ表現の自由なんて言えるんですか?恥ずかしい...」と話しています。

    河村市長は開催費用の市負担金約3300万円の支払いを保留する考えです。文化庁も「展覧会の再開とは無関係」とする一方で「事務的な手続きの不備があった」(萩生田光一文部科学相)として補助金7820万円を全額不交付としました。

    作家・ジャーナリスト、門田隆将氏はこうツイート。

    ベストセラー作家の百田尚樹氏もこうツイートしています。

    筆者の目にはこの問題は「表現の自由」というより日本の歴史認識に根ざしているように映ります。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 3

      金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

    • 4

      中国はトランプ再選を願っている

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

    • 7

      中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

    • 8

      イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

    • 9

      「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

    • 10

      アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 4

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 5

      中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

    • 6

      インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

    • 7

      菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

    • 8

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 9

      新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

    • 10

      対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

    • 1

      世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

    • 2

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 3

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 4

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 5

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う