Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

2020年01月11日(土)14時09分

    93歳と高齢になったエリザベス女王に代わって他の王族に公務が振り分けられている。2人のウエブサイトを読むと王室の公務も含め、仕事は自分で決めると宣言しているようにも聞こえる。今後、公務やこれまで関わってきた慈善活動をどうするのか定かではない。

    ソブリングラント以外の、チャールズ皇太子のコーンウォール公爵領の利益からくる残り95%の公費、最大6人の警察官による警護、フロッグモア・コテージで暮らす特権を手放すつもりはないと明言している。

    「サセックスロイヤル」のインスタグラムのフォロワーは1040万人。2人はこの2~3週間で衣服、書籍、雑誌に至るまで100以上の「サセックスロイヤル」ブランドを商標登録した。アーチーちゃんにスポットライトを当てれば世界一のライフスタイルサイトになるのは間違いない。

    2人はメディアの選別でパブリシティ権を独占するつもりだろう。スピーチ料も1回最大で50万ドル(約5500万円)は見込める。アメリカの著名女性パーソナリティー、オプラ・ウィンフリー氏とメンタルヘルスをテーマにしたTVドキュメンタリーシリーズの制作も計画している。

    メーガン妃は英王室の知名度を利用して"第二のカーダシアン家"、自己プロデュース能力で年収52億円を稼ぎ出すスーパーセレブでも目指そうというのか。英王室伝統のプロトコルに精通しているウィリアム・ハンソン氏は筆者にこう語る。

    MAS_2835.JPG
    ウィリアム・ハンソン氏(筆者撮影)

    「王室メンバーの活動は今と同じように慈善活動に限られなければならない。だが、サセックスロイヤルのアディダスやインスタグラムとの金銭の支払いを伴うパートナーシップを見る限り、警戒警報が鳴り始めている。商業主義に走れば人々の共感は失われる」

    王室のイメージに傷

    ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校でマーケティングを専門にするポーリーン・マクララン教授も筆者に指摘した。

    「彼らは自身の独立したブランドを確立しようとしているが、多くの問題を引き起こすだろう。 彼らは本質的に王室ブランドを拒否し、独自ブランドを立ち上げようとしている。しかしそのブランドがロイヤルファミリーのイメージとブランドにどのようにフィットするのか」

    「彼らが王室の称号を商業的利益のために使用していると認識された場合、利害が衝突する恐れが極めて高い。 彼らが称号を放棄しない限り、王室にとって非常に難しい問題になり、王位のイメージをひどく損なう危険がある」

    「 今後数日間、何が交渉されるかを見守るのは非常に興味深い。 私の推測では、エリザベス女王とチャールズ皇太子は一定の義務を保ちながら一定の独立性に同意することで何らかの形でコントロールを取り戻そうとするだろう」

    ヘンリー王子と王室ブランドを利用しようとするメーガン妃はこともあろうか、カナダで高みの見物を決め込んでいる。

    20200114issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年1月14日号(1月7日発売)は「台湾のこれから」特集。1月11日の総統選で蔡英文が再選すれば、中国はさらなる強硬姿勢に? 「香港化」する台湾、習近平の次なるシナリオ、日本が備えるべき難民クライシスなど、深層をレポートする。

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実