Newsweek

木村正人

欧州インサイドReport

英国は米国と不平等な犯罪人引き渡し条約を結ばされている

2020年02月19日(水)10時40分

    アサンジ被告の暴露がグローバルな「公共の利益」に沿っているのは明らかで、罪に問えば米憲法修正1条の「表現の自由」に違反する恐れがある。しかし米国で1917年にスパイ活動法が制定されてから国家安全保障に関する報道が罪に問われたことは一度もないのだ。

    4年前の米大統領選で民主党候補ヒラリー・クリントン元国務長官の電子メールを暴露したウィキリークスを「愛している」とまで言ったドナルド・トランプ大統領は、恩赦で釈放されていた元米陸軍上等兵を再拘束し、アサンジ被告の捜査を再開した。

    英非営利報道組織「調査報道局」の初代主筆としてウィキリークスの駐イラク米軍の機密文書を扱ったジャーナリストのイアン・オバートン氏は筆者にこう語る。

    「アサンジ氏がターゲットにされるのなら、どうしてウィキリークスと協力したメディアの編集長が狙われないで済まされるのか。最終的にはジャーナリズムそのものが問われることになる」

    引き渡し命令の取り下げ気配なし

    そして英国では米国との間で結ばれている犯罪人引き渡し条約は「不平等条約だ」(英最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首)という批判が渦巻いている。

    昨年8月、19歳の英国人青年ハリー・ダンさんは昨年8月、単車に乗車中、逆走してきた車と衝突して死亡した。車を運転していたのは米中央情報局(CIA)の女性情報員。女性は外交特権を行使して警察の取り調べを逃れ、米空軍機で米国に帰国してしまった。

    この日記者会見したオーストラリアのジョージ・クリステンセン下院議員は「ボリス・ジョンソン英首相が、審理の始まる前に引き渡し命令を取り下げることを望む。私はトランプ大統領とジョンソン首相の大ファンだが、私自身、表現の自由により重きを置いている」と言う。

    kimura20200219090403.jpg

    ジョージ・クリステンセン豪下院議員(筆者撮影)


    クリステンセン氏は「ジョンソン首相は米国への身柄引き渡し条約は英国にとって不平等だと語っている」と指摘する。確かにジョンソン首相は条約について米国と再交渉することを模索することを示唆しているが、アサンジ被告の引き渡し命令を取り下げる気配は今のところない。

    駐留米軍や外交公電がウィキリークスで公開されていなかったら、イラクやアフガニスタンの戦争の真実をうかがい知ることはできなかった。「表現の自由」が認められていなかったらドローン(無人航空機)攻撃による巻き添え被害の実態も決して表には出てこなかったはずだ。

    20200225issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

    プロフィール

    プロフィール

    木村正人

    在ロンドン国際ジャーナリスト
    元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
    masakimu50@gmail.com

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

    • 6

      「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

    • 7

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 8

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 9

      「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

    • 10

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 8

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 9

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 10

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 4

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 5

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 6

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 7

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 8

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 9

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 10

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場