Newsweek

小林恭子

ブレグジット後のイギリスから

【ブレグジット】イギリスとEUが離脱案で合意 最大の難関は英議会

2019年10月18日(金)17時01分

    要点は、まず、メイ前首相とEUが合意をした離脱協定の中で最大のネックとなっていた「バックストップ(安全策)」の代替策をいれたこと。このバックストップ案は、もし英国とEUとが将来の通商交渉で合意できなかった場合でも、北アイルランドとEU加盟国であるアイルランドとの間に、物理的国境(ハードボーダー)を置かないようにするための枠組みだった。

    修正離脱協定案の要旨は:

    ──北アイルランドはモノの移動についてのEUの規則に継続して準ずる
    ──北アイルランドは英国の関税圏に入るが、EU単一市場の「エントリー拠点」になる
    ──北アイルランドの政治家が今後もこの状態を維持するかどうかを4年毎に決定する

    バルニエ交渉官は会見の中で、最後の点が最も重要であったと述べている。

    この「決定」は、北アイルランド自治議会での多数決による。

    実は、この議会は、プロテスタント系の最大政党DUPとカトリック系の最大政党シンフェイン党とがエネルギー問題を巡って対立したことをきっかけに、2017年以来、機能停止中だ。

    また、多数決による決定となると、第1党のDUP(離脱強硬派)が将来を決めることになりかねない。

    今後、どうなるか

    筆者は(1)から(3)の文書に目を通してみた。離脱後も、英国とEUの協力関係を維持するよう最大限の努力をすると繰り返ししたためられており、教育、労働者の権利、安全保障など具体的な項目についても出来得る限り現状を維持するという。

    過去の北アイルランド紛争、そしてベルファスト和平合意の流れを汲んで、アイルランドと北アイルランドとの間にハードボーダーを置かず、両地域の協力関係を継続し、具体的な作業については、部会を設置する。

    協定案が離脱予定日(10月31日)までに英議会の承認を得られれば、2年間の移行期間が発生し、英国とEU側は移行期間終了後の自由貿易について、そしてそのほかの様々な事象について話し合いを開始することになる(離脱協定がない離脱となれば、移行期間は設けられない)。

    英国本土への帰属を重要視するDUPにとっては、「北アイルランドは英国の関税圏に入るが、EU単一市場の『エントリー拠点』になる」箇所がひっかかる。本土とは異なる扱いは受け入れがたいと考えるからだ。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 3

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

      • 4

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 9

        ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 7

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 8

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 9

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 10

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場