Newsweek

小林恭子

ブレグジット後のイギリスから

慰安婦問題に迫る映画『主戦場』 英エセックス大学の上映会でデザキ監督が語ったことは

2019年11月22日(金)18時00分
    慰安婦問題に迫る映画『主戦場』 英エセックス大学の上映会でデザキ監督が語ったことは

    英南部エセックス大学で上映された『主戦場イベント』(筆者撮影)

    <前向きな反応も多い話題のドキュメンタリーが日本で上映中止になるのはなぜか。また、誰が映画を怖れているのか。『主戦場』監督との一問一答>

    第2次世界大戦時の慰安婦問題を主題にしたドキュメンタリー映画『主戦場』が、このところ、話題になっている。

    KAWASAKIしんゆり映画祭」(10月末から11月4日)では、安全性を理由にいったんは上映中止とされながらも、最終日に上映が実現したことで大きな注目を集めたばかりだ。

    日本で、慰安婦問題と言えば......どう表現したらよいのだろう。

    例えば、日本語のウィキペディアでは、以下の説明になっている。


    旧日本軍の慰安婦に対する日本の国家責任の有無に関する問題。慰安婦問題にはさまざまな認識の差異や論点があり、日本・大韓民国・アメリカ合衆国・国際連合などで1980年代ころから議論となっている。慰安婦は当時合法とされた公娼であり民間業者により報酬が支払われていたこと、斡旋業者が新聞広告などで広く募集をし内地の日本人女性をも慰安婦として採用していたことなどから国家責任はないとの主張がある一方、一般女性が慰安婦として官憲や軍隊により強制連行された性奴隷であるとの主張もある。 出典:(ウィキペディア

    筆者自身は、「河野談話」を踏まえ、日本やほかのアジア諸国の女性たちが兵士たちに性的サービスを行っていたこと、今でもその時の後遺症に苦しんでいる人やその遺族がいることを事実として認識している。

    しかし、国がどの程度関与していたのか、どんな女性たちだったのか、本人の同意があったのかどうかなどについては、国内で意見が分かれていることも承知している。欧米で英訳として使われる「sex slave(性の奴隷)」という言い方に反論する、あるいは怒りを表明する人も少なくない、ということも。

    日系アメリカ人ミキ・デザキ氏が監督した『主戦場』は、保守系政治家、タレント、歴史修正主義者、リベラル系学者などのインタビューと並行して、元慰安婦や慰安婦の遺族への取材映像、証言のアーカイブフィルムなどを交えた作品だ。

    デザキ氏にとって、監督第1作目の映画である。上智大学大学院の修士課程卒業のために作ったという。

    慰安婦問題という論争を呼ぶトピックを真正面から取り扱ったこの映画は、公開当時からじわじわと人気を高めた。

    初夏、筆者は一時帰国中に『主戦場』を渋谷のある映画館で最初に見た。場内は満員で、上映後は次の回を見ようとする人の長い列ができていた。観客の年齢層は20代から70代ぐらい。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    本誌紹介

    特集:感染症 vs 国家

    本誌 最新号

    特集:感染症 vs 国家

    新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

    2020年10月 6日号  9/29発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 2

      北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

    • 3

      中国漁船団は世界支配の先兵

    • 4

      無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

    • 5

      安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

    • 8

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 9

      3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

    • 10

      韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

    • 1

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 6

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 7

      北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

    • 8

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

    • 9

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 10

      台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

    • 6

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 7

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と