Newsweek

小林恭子

ブレグジット後のイギリスから

慰安婦問題に迫る映画『主戦場』 英エセックス大学の上映会でデザキ監督が語ったことは

2019年11月22日(金)18時00分

    Kobayashi191122_3.jpg

    エセックス大学で話すデザキ監督(筆者撮影)


    日本人にとっては、つらい過去を指摘されるような、慰安婦問題。これを取り上げた映画を多くの日本人が映画館に列を作るほど見たがっていることに、筆者は驚いた。何らかの回答を得たい、という気持ちが強いのだろうか。

    まだまだ決着していない、戦後の大きな問題であることは、確かだ。

    エセックス大学で、上映会

    『主戦場』は、今秋、欧州各国で上映会が開催されており、デザキ監督も映画と一緒に各国を回っている。

    11月6日はウィーン、その後は英国、フランス、ノルウェー、ドイツ、イタリア、スイス、スウェーデンなど、12月上旬まで上映ツアーが続く。

    筆者は、11月11日、英南部エセックス大学での上映会に行ってみた。

    講義型の教室には数十人の観客がいた。大学ということで、学生・院生が多いが筆者を含む中高齢者の姿もあった。

    映画を映し出す役目は監督自身である。

    夏に見た時に見落としていた個所が、よみがえる。「当時は、女性はモノとして見られていた」という元日本兵の素朴な物言いが心に残る。

    さまざまなことが筆者の頭を駆け巡った。

    慰安婦たちが日韓の政治的な道具にされたことへの怒り、女性たちの境遇への思い、女性として、たった一人でも意に反する状態に置かれた女性がいたことの衝撃、そのような行為をしながらも日々戦い続けた兵士たち、そして今もなお、レイプや性的虐待が敵を攻撃する手段として使われていること(ボスニア戦争、ルワンダ内戦、ナイジェリアのボコ・ハラムによる少女たちの拉致など無数にある)などだ。日韓のみで起こったことではなく、第2次大戦のときだけでもない。今現在、形を変えながら発生していることなのだ。

    映画は、最初と最後の方に元慰安婦の映像を入れた。最初の映像は役人に怒りをぶちまける元慰安婦の姿。最後の方はつらさ、悲しみを語る元慰安婦のアーカイブ映像だ。

    作品は保守系・歴史修正主義的な人々の言論とリベラル系学者の見方を「両論併記」的に対比させているが、最終的には、慰安婦問題に対する日本側の責任を問う姿勢が出ていたと筆者は思う。この慰安婦たちのつらさ・痛み・苦しみに対し、日本側はどう対処するのか、という問いである。これは筆者が日本人だからそう思ったのかもしれないが。見る人によって、様々なメッセージを受け取る映画なのだろう。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 10

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場