Newsweek

小林恭子

ブレグジット後のイギリスから

「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

2020年01月24日(金)17時20分
    「王室離脱」騒動の只中にメーガン妃の「ダメ父」がまた暴言──意外にも同情を集めている理由

    メーガン妃の父トーマスは「メーガンとヘンリー王子は英王室の品位を落とした」と言うが?(写真は2019年6月8日) Hannah Mckay-REUTERS

    <「ヘンリー王子との交際が始まってからすべてが変わった」──父トーマスはなぜ最愛の娘夫婦をメディアで攻撃し続けるのか、すべてを明かす>

    結婚相手は自分で選べるとしても、相手の家族までは選べない。

    結婚経験がある人は、人生の中で何度もこの「真実」に直面せざるを得なかったのではないだろうか。

    イギリスの王室から近く「離脱」予定で、現在はカナダ・バンクーバー島に滞在中のヘンリー王子(エリザベス女王の孫)とその妻でアメリカ人の元女優メーガン妃は特にそう感じているに違いない。今週はさらに、「またか」という思いでいっぱいだろう。

    というのも、22日夜、メーガン妃の父トーマス・マークルさん(75歳)がイギリスの民放チャンネル5の番組「トーマス・マークル、私のストーリー」の中で、王室離脱を決めた2人のことを悪し様に語ったからだ。「長年に渡って存続している(伝統的な)イギリス王室を破壊し、品位を落とし、落ちぶれさせている」「王室をウォルマートに冠を乗せたような姿に変えてしまった。ありえない。こんなことはするべきじゃなかった」と失望をあらわにした。

    メーガン妃にとってはまさに泣きっ面に蜂、というところだろう。

    そればかりでなくトーマスさんは、自分がメーガン妃やヘンリー王子にいかに邪険に扱われてきたかを語ったからだ。

    ちなみに、イギリスの感覚でいうと、王族やその家族が私的な事柄をメディアに語るのはご法度だ(ただし、1990年代には王子の母ダイアナ妃が夫チャールズ皇太子の不倫をBBCの番組で暴露し、これに皇太子も応じるなど、どろどろの愛憎劇がメディアを通じて繰り広げられたが)。

    また、トーマスさんは番組の中で、多額の出演料を受け取ったことを示唆している。これはさらに悪い。国民のために公務を行うのが王族の主要メンバーの義務であり、家族というコネを利用して収入を得るのはいかがなものか、と国民は考える。

    トーマスさんがいかにハリー王子夫妻、特にメーガン妃の足を引っ張る存在となってきたのか。チャンネル5の番組内で明らかにされたトーマスさん側の説明とともに、そのお騒がせぶりをたどってみたい。

    やらせ写真で、大ひんしゅく

    トーマスさんの存在が、普段は王室に関心のない人の間でも広く知られるようになったのは、「やらせ写真」問題だ。2018年5月のヘンリー王子夫妻の結婚式の直前に出た、最初の大きなスキャンダルである。

    2016年以降、ヘンリー王子とメーガン妃の交際が発覚し、イギリスのメディアはメーガン妃のファッションや私生活に大きく注目。トーマスさんまでがパパラッチの取材対象となった。

    トーマスさんは米テレビ界で照明係としてのキャリアを築いたが、このころまでには退職し、メキシコに住んでいた。ラフな格好でスーパーに買い物に出かけるトーマスさんの姿をイギリスのメディアが追った。無精ひげ、突き出た腹部、ジャージ姿に毛が生えたぐらいのラフな格好の高齢の男性が買い物をする様子が世界中に配信された。「え、これがあのメーガンさんの父?」多くの人が驚いた。自宅にまで押し掛けたイギリスのメディアの取材に、トーマスさんはどう対処したらいいのか、わからなかった。「王室は、何のアドバイスも支援もしてくれなかった」(トーマスさん、チャンネル5の番組で)。

    ヘンリー王子やメーガン妃から電話をもらった際に、どうしたらいいかと聞くと、「絶対にメディアの取材に応じてはだめだ」と言われたという。

    プロフィール

    プロフィール

    小林恭子

    在英ジャーナリスト。英国を中心に欧州各国の社会・経済・政治事情を執筆。『英国公文書の世界史──一次資料の宝石箱』、『フィナンシャル・タイムズの実力』、『英国メディア史』。共訳書『チャーチル・ファクター』(プレジデント社)。連載「英国メディアを読み解く」(「英国ニュースダイジェスト」)、「欧州事情」(「メディア展望」)、「最新メディア事情」(「GALAC])ほか多数
    Twitter: @ginkokobayashi、Facebook https://www.facebook.com/ginko.kobayashi.5

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

    • 5

      習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

    • 6

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 7

      ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

    • 8

      やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

    • 9

      ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

    • 10

      英会話では英語が身につかない2つの理由

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 10

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 7

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 8

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 9

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 10

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場