Newsweek

李小牧(り・こまき)

元・中国人、現・日本人

日本の「高度人材は不要。単純労働者だけ歓迎」は正気の沙汰じゃない

2018年04月06日(金)17時48分
    日本の「高度人材は不要。単純労働者だけ歓迎」は正気の沙汰じゃない

    cbies-iStock.

    <「奴隷制度」とまで批判される日本の外国人技能実習制度。右も左も外国人移民の受け入れに反対するが、世界の潮流に逆行している>

    こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

    最近、外国人技能実習生に関するトラブルが噴出している。つい先日も十分な説明のないまま、福島県で除染作業をさせられたベトナム人実習生の存在が報じられた。

    プロフィール

    プロフィール

    李小牧(り・こまき)

    新宿案内人
    1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 3

      安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

    • 4

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 5

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 6

      変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

    • 7

      世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

    • 8

      【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

    • 9

      コンドームなんてもういらない!? 理想の男性用ピル…

    • 10

      アマゾン「本日中にお届け」を支える配達下請け デリ…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 6

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 7

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 8

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 9

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 10

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい