Newsweek

李小牧(り・こまき)

元・中国人、現・日本人

「歌舞伎町のイエス・キリスト」が本当にクリスチャンになった日

2018年10月10日(水)12時35分
    「歌舞伎町のイエス・キリスト」が本当にクリスチャンになった日

    Photo:満小于

    <欲望と闘いが渦巻く街、新宿・歌舞伎町で30年間生き抜いてきた男が「人生で一番清らかな日」を迎えた。「信教の自由」についに足を踏み入れる瞬間がやって来たのだ>

    こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

    私はいま、58年の人生で一番清らかな気持ちだ。歌舞伎町で30年間も生きてきた男が何を言うのか、と思うかもしれないが、ぜひ最後まで読んでほしい。

    プロフィール

    プロフィール

    李小牧(り・こまき)

    新宿案内人
    1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:移民の歌

    本誌 最新号

    特集:移民の歌

    「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

    2018年12月11日号  12/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 2

      ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

    • 3

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 4

      カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

    • 5

      「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

    • 6

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

    • 9

      8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

    • 10

      忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

    • 1

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 2

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

    • 3

      忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 6

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 7

      倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

    • 8

      韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

    • 9

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 10

      自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

    • 1

      「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

    • 2

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

    • 6

      カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

    • 7

      フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

    • 8

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 9

      世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい