Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

アリババ帝国は中国をどう変えるのか?

2017年05月10日(水)15時18分
    アリババ帝国は中国をどう変えるのか?

    アリババ創業者の馬雲(ジャック・マー) Ruben Sprich-REUTERS

    <白タク配車から食事配達、自転車シェアリングなど、新しいビジネスの勃興と共に街の風景ごと変わり続ける中国。その背景には、有望な新ビジネスに大金を注ぎ込み続ける中国ネット大手3社「BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)」の存在がある。今回は、そのなかでも時価総額最大アリババ帝国の全容を読み解く>

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結弦と真逆の演技はこれだ

    • 3

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 6

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 7

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      オランダのスケート選手「犬を大切にして」に韓国ネ…

    • 10

      食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

    • 1

      北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 7

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 10

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい