Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

雄安新区の可能性を現地でみてきた

2017年08月29日(火)11時55分
雄安新区の可能性を現地でみてきた

雄安新区の一部に指定された河北省保定市容城県で、地上げを戒めた横断幕。「今日勝手に土地を買うやつは明日はすっからかんだ」とある Jason Lee-REUTERS

<中国政府が首都のサブセンターとして開発を発表した「雄安新区」。通うには遠いようだが、期待できるのか? ゴーストタウン化は避けられるのか? 早くも「雄安」の標語が林立する現場にも行ってみた>

プロフィール

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

注目のキーワード

注目のキーワード

ニューストピックス

本誌紹介

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

本誌 最新号

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

2018年1月23日号  1/16発売

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 7

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 7

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 10

    新型aiboはワンコそっくり、でも難点が1つ

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

もっと見る

Picture Power

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい