Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

米中貿易戦争が起きたら、漁夫の利を獲りに行け

2018年04月13日(金)19時25分
    米中貿易戦争が起きたら、漁夫の利を獲りに行け

    ドイツは中国のEV市場で先行している(写真は2017年6月、VWと中国企業のEV合弁契約を見守る中国の李克強首相=後列左=とメルケル独首相=同右) Fabrizio Bensch- REUTERS

    <報復合戦がエスカレートすれば世界経済縮小の危機だが、ドイツや日本がこの危機をチャンスに変えれば、米中も我に返るだろう>

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:エアライン大革命

    本誌 最新号

    特集:エアライン大革命

    超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情

    2018年10月 2日号  9/26発売

    人気ランキング

    • 1

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「アフロディテ」

    • 2

      日本は大坂なおみの二重国籍を認めるべき!

    • 3

      日本発のヤクザゲーム『龍が如く』がアメリカを席巻⁉

    • 4

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 5

      ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

    • 6

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

    • 9

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 10

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 1

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

    • 4

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 5

      整形、年齢詐称、生存競争......中国ストリーミング…

    • 6

      酸攻撃に遭い地獄を見た女性「誰にも醜いとは言わせ…

    • 7

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 8

      自爆少女たちは爆弾と知らずに吹き飛ばされていた

    • 9

      発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

    • 10

      『アンネの日記』から明かされた「下ネタ」でアンネ…

    • 1

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 2

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      中国、火鍋からネズミの死骸が出て株価暴落、損失1.9…

    • 5

      性拷問、昏睡死......北朝鮮・外国人拘束のあこぎな…

    • 6

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 7

      ペットボトル入りミネラルウォーターの9割にプラスチ…

    • 8

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 9

      絶対に手を出さないで――死に追い込むゲーム『モモ自…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい