Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

米中貿易戦争が起きたら、漁夫の利を獲りに行け

2018年04月13日(金)19時25分

    中国のこうした行為に対抗するために、USTRは中国が産業政策を使って発展させようとしている産業、とりわけ2015年に発表された「中国製造2025」に列挙された産業に狙いを定め、それに属する品目に25%の関税をかけるとしている。アメリカの真の狙いがハイテク産業で台頭する中国を叩くことにあるのは明らかである。

    ただ、すぐさま湧き上がってくる疑問は、「中国製造2025」にある分野(次世代情報技術、高性能工作機械とロボット、航空宇宙、海洋エンジニアリングとハイテク船舶、先端的鉄道設備、新エネルギー自動車、電力設備、農業設備、新素材、バイオ医薬と高機能医療器械)を叩こうとしても、そもそもそんなハイテク製品を中国がアメリカにどれだけ輸出しているのか、である。

    またハイテク機器の輸入があるにしても、アメリカ企業が中国で生産しているものも多いはずで、そういうものにまで課税するとアメリカ企業の利益を損なうことになる。

    実際に制裁課税の対象として挙げられている1333品目を見てみると、化学合成医薬、タイヤ、鋼材、アルミ、皿洗い機、消火器、オートバイなど「中国製造2025」とは関係なさそうな品目も多い。要するに「輸入500億ドル分」に課税しろとトランプがUSTRに指示したものの、USTRがアメリカ企業の利害に直接かかわるものを除外していった結果、「中国製造2025」とは無関係の品目まで含めることで辻褄合わせをしなければならなくなったようだ。

    トランプ政権のこうした攻撃に対して、中国は4月4日に報復措置を打ち出した。その内容は大豆、トウモロコシ、綿花、牛肉、オレンジジュース、ウィスキー、たばこ、オフロード車、ハイブリッド自動車や電気自動車、プラスチック、航空機など106品目に対して25%の課税をするというものである。

    報復の応酬は危険

    するとトランプはその翌日さらなる対抗措置として1000億ドル分の輸入に対する課税を検討するようUSTRに指示した。ただこちらのほうは本稿執筆時点では何に課税するか明らかにはなっていない。おそらくUSTRはトランプが適当に叫んだ「1000億ドル」という数字にどう辻褄を合わせたらいいのか困っているのではないだろうか。

    仮に世界1位と2位の経済大国が互いに相手からの輸入を制限しあう事態になれば、世界経済にとって誠にゆゆしき事態であることは言うまでもない。

    輸入品価格の上昇による国内需要の減少、および相手国への輸出の減少により、米中のGDPにそれぞれマイナスの影響が生じ、それは日本など第3国の米中に対する輸出にも悪影響を与える。さらに貿易戦争が第2次世界大戦につながった歴史の教訓も思い起こすべきである。米中貿易戦争をやめさせることは世界全体の利益にかなう。

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 2

      トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 5

      いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

    • 6

      「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

    • 7

      国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

    • 8

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 9

      世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

    • 10

      ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 6

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

    • 7

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 8

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 9

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

    • 10

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 6

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 7

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 8

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と