Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

今年は危ない中国経済

2019年01月29日(火)15時30分
    今年は危ない中国経済

    2018年には、主な鉱工業製品の生産量の伸びがマイナスだったにも関わらず、鉱工業成長率は6.1%だった Thomas Peter-REUTERS

    <中国のGDP成長率は2015年以降ずっと6%台後半でウソのように固定されている。筆者の推計では2018年の「本当の」GDP成長率は2.4%程度だった可能性もあるという。だとすれば、今年はどうなるのか>

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

    • 2

      習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

    • 3

      貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

    • 4

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 5

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 6

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 7

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 8

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 9

      小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、…

    • 10

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

    • 4

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 5

      シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

    • 6

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 7

      地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

    • 8

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

    • 9

      アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

    • 10

      南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

    • 4

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 7

      エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

    • 8

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 9

      恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

    • 10

      シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい