Newsweek

丸川知雄

中国経済事情

新型肺炎、中国経済へのダメージをビッグデータで読み解く

2020年02月27日(木)16時25分
    新型肺炎、中国経済へのダメージをビッグデータで読み解く

    新型コロナウイルスの感染拡大で静まり返る上海(2020年2月10日) REUTERS/Aly Song

    <第1四半期はマイナス成長、その後はV字回復するが、通年でも一定のダメージは避けられない>

    昨年末に中国・武漢で発見された新型コロナウイルスによる肺炎には2月25日までに中国全土で7万8064人が罹患し、2715人が亡くなった。これは2002年から2003年にかけて中国を中心に世界で8000人余りが感染し、774人が亡くなった重症急性呼吸器症候群(SARS)をはるかに上回る惨状である。

    致死率が10%だったSARSに比べ、新型コロナウイルスによる肺炎の致死率は3.5%程度と低いが、感染から発症までの潜伏期間が長く、発症しないうちに他の人に感染してしまうという厄介な特徴がある。2003年のSARSの時に比べると、今回の中国政府の対応はかなり迅速だったのだが、それでも新型コロナウイルスの強力な感染力に追いつくことができなかった。

    中国では1月27日から2月18日までは毎日数千人も患者が増え続けていたが、それ以降は一日数百人程度にまで減ってきており、さしものウイルスも勢いが衰えてきた。1日あたりの患者の増加数より、治る人の数が大幅に上回っており、患者数は2月17日をピークに減少している。それでも中国の経済活動が完全に元通りになるのは早くとも4月になるだろう。

    新型コロナウイルス肺炎の流行は中国経済に大きな傷跡を残した。人々が家にこもっているため、交通運輸業、外食産業、旅館・ホテル業、不動産業などは大きな打撃を受けている。武漢市の封鎖が実施されたのは1月23日で、ちょうど旧正月の休暇の始まりと重なった(旧暦の元旦は1月25日)。例年であればその後1週間程度の冬休みを経て工場などが再開されるが、今年は新型肺炎のせいで多くの都市で冬休みが2月9日まで延長し、それが終わった後も正常な生産に戻らないままの工場が多い。つまり、経済の需要と供給の双方でかなりのマイナスになっている。

    住宅や自動車への需要は戻ってくる

    ただ、4月または5月に新型コロナウイルスの抑え込みに成功すれば、そのあと経済はV字回復するだろう。もともと住宅や自動車など大きな買い物をする予定だった人たちは、世の中が平常に戻れば延期していた買い物を再開するはずである。そのため、2020年下半期には、上半期に延期した需要が戻ってくる可能性がある。中国がSARSに襲われた2003年も3カ月間ぐらいは経済が落ち込んだが、その後はV字回復し、1年を通してみれば前年を上回る10%のGDP成長率を記録した。

    だが、交通運輸、外食、旅館・ホテルといったサービスは、病気が蔓延している間に我慢した消費は、病気の流行が終わってからも完全には回復されないであろう。中国経済は2003年時点よりもかなりサービス産業の比率が高まっているので、肺炎流行からうまく回復できたとしても、2003年ほどのV字回復とはいかないかもしれない。

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 3

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

    • 4

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 5

      コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

    • 6

      「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

    • 7

      急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

    • 8

      海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

    • 9

      山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

    • 10

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 3

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 4

      BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

    • 5

      米南部の感染爆発は変異株の仕業?

    • 6

      韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

    • 7

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 8

      米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

    • 9

      スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

    • 10

      韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

    • 1

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 2

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 3

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

    • 4

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 5

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 6

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 7

      「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

    • 8

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 9

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    • 10

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場