丸川知雄

中国経済事情

中国経済のV字回復は始まっている

2020年04月19日(日)18時58分

    建設現場のシフトを終えて帰る労働者たち。マスクを付けていない人も(北京、4月16日) Thomas Peter-REUTERS

    <新型コロナ後の中国の1〜3月期の成長率はマイナス6.8%と44年ぶりの落ち込みを記録した。欧米でのコロナ収束はまだ見通せず大きな輸出回復を期待できない中でも、中国経済は既に回復を始めている>

    プロフィール

    プロフィール

    丸川知雄

    1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

    本誌紹介

    特集:モデルナの秘密

    本誌 最新号

    特集:モデルナの秘密

    コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

    2021年8月 3日号  7/27発売

    人気ランキング

    • 1

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 2

      チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

    • 3

      競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

    • 4

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 5

      毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

    • 6

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 7

      ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

    • 8

      【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

    • 9

      肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

    • 10

      知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

    • 1

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 2

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 3

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

    • 4

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 5

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 6

      「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

    • 7

      チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

    • 8

      東京五輪は始まる前から失敗していた

    • 9

      国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

    • 10

      競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

    • 1

      1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

    • 2

      加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

    • 3

      20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

    • 4

      「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

    • 5

      「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

    • 6

      「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

    • 7

      人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

    • 8

      「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

    • 9

      韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

    • 10

      テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】熱帯化するイタリアの田園