Newsweek

松岡保昌

人間心理の組織論・キャリア論

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

2018年12月04日(火)12時00分
    大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

    d_morita-iStock.

    <10月1日時点の大卒予定者の就職内定率は、77%で過去最高。だがその一方で、憂慮すべき調査結果も発表された。売り手市場で学生は真摯さを失い、企業は必死に自社を良く見せようとしている>

    厚生労働省と文部科学省が共同で調査している平成31(2019)年3月大学等卒業予定者の、10月1日時点の就職内定状況が11月16日に発表になった。10月1日といえば、多くの企業で内定式が行われた日だ。

    プロフィール

    プロフィール

    松岡保昌

    株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
    人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

    • 4

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

    • 7

      米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

    • 8

      「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

    • 9

      新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

    • 10

      習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

    • 1

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 2

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

    • 3

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 4

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 5

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 6

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 7

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

    • 8

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 9

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 10

      韓国と中国の関係に影を落としはじめた新型コロナウ…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン