Newsweek

松岡保昌

人間心理の組織論・キャリア論

退職者が続出する企業には「セルフ・キャリアドック」が必要だ

2019年01月11日(金)15時25分
    退職者が続出する企業には「セルフ・キャリアドック」が必要だ

    takasuu-iStock.

    <採用が難しいので、せめて退職者を減らしたいのに、なかなか定着しない......。人と企業の関係が大きく変わろうとする中で、プロのキャリアコンサルタントによる「人間ドック」が注目を集め始めている>

    企業の経営者にとって、人材確保が重要課題になっている。新卒、中途ともに、本当に自社で活躍できそうな人を見つけ出し、入社してもらうまでステップを進めていくには、相当なパワーとコストが掛かるからだ。

    プロフィール

    プロフィール

    松岡保昌

    株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
    人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:遺伝子最前線

    本誌 最新号

    特集:遺伝子最前線

    革命的技術クリスパーで「超人」の誕生も可能に── 人類の未来を変えるゲノム編集・解析の最新事情

    2019年1月22日号  1/16発売

    人気ランキング

    • 1

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 2

      NGT48山口真帆さん暴行事件に見る非常識な「日本の謝罪文化」

    • 3

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルーン出身の被害者語る

    • 4

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 5

      北朝鮮国民にとって最も苦しくて辛い「人糞集め」

    • 6

      宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外…

    • 7

      K-POPアイドルBLACKPINKを宗教警察が逮捕? 公演控…

    • 8

      【EU離脱】一人ぼっちになったイギリスを待つ悪夢

    • 9

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 10

      「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

    • 1

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 2

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 3

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──日本文化の浸透がその背景に?

    • 4

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    • 5

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 6

      インドネシア当局、K-POPアイドルBLACKPINKのCM放映…

    • 7

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 10

      韓国で日本製品の不買運動計画がたびたび起きても不…

    • 1

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国の果てしないアンチ旭日旗現象

    • 2

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 3

      気管支の形状に固まったリアルな血の塊が吐き出される

    • 4

      ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」…

    • 5

      あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

    • 6

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 7

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 8

      オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

    • 9

      アレクサがまた奇行「里親を殺せ」

    • 10

      これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい