Newsweek

森達也

私的邦画論

昭和天皇の写真を焼き、その灰を踏みつける──『遠近を抱えた女』を直視したなら

2020年09月25日(金)10時45分
    昭和天皇の写真を焼き、その灰を踏みつける──『遠近を抱えた女』を直視したなら

    ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN

    <「あれだけは許せない」と多くの人が怒った。焼くという行為は「侮蔑」か「昇華」か。判断は観た側に委ねられる>

    「あいちトリエンナーレ」の展示『表現の不自由展・その後』が一時中止に追い込まれた理由のひとつは、慰安婦の少女像(作品の正式名称は『平和の少女像』)と併せて、『遠近を抱えてpart II』が大きな争点になったからだ。

    ......と書きながら、『遠近を抱えてpart II』がどんな作品かを思い出せる人はどのくらいいるだろうと考える。でも「昭和天皇の写真を燃やす動画」といえば、ああそういえば、とか、あれだけは絶対に許せない、などと思う人は多いはずだ。

    それは大浦信行の映画最新作『遠近を抱えた女』と、前作の『靖国・地霊・天皇』の映像の一部をコラージュした作品だ。昭和天皇の肖像写真(正確に言えば、大浦の過去の版画コラージュ作品の一部)を焼いて、その灰を女性が踏みつける。これに右翼が怒った。いや右翼だけではなく、多くの人がけしからんと怒った。「あれだけは許せない」と思う人に、「あれだけは」と感じる理由を考えてほしい。その作業は自分の内面を掘り下げることにつながり、日本人を考察する上で新たな視点を提示する。......これまでの大浦の主張を要約して僕自身の視点を少しだけ足せば、そういうことになるだろう。

    大浦はアーティストだが、『遠近を抱えた女』に至るまで5本の映画を発表している。僕よりも多い。ただしこれまでの映画は決して万人向けではない。大浦は映画を、観た人がもう一つの物語を作り上げるための記憶・イメージの装置と規定している。要するに解釈は自由だということ。それは、映画だけではなく全ての表現が共有する普遍的な前提だ。ただし「もう一つの物語を作り上げるため」の手がかりや足場をどれだけ提示するのか、どのように作品に仕込むのか、どこに誘導したいのかなどの要素は作品によって違う。安易過ぎれば感動や共感は薄くなる。難解ならば意図が届かなくなる。

    実は大浦との付き合いは長い。これまでの作品は全て観ている。決して難解というわけではないが、「記憶・イメージ」するための補助線が薄い。作品の強度を優先し過ぎて観る側に不親切。映像ではなく言葉を浪費し過ぎていた。あえて欠点を挙げればそういうことになる。

    プロフィール

    プロフィール

    森達也

    映画監督、作家。明治大学特任教授。主な作品にオウム真理教信者のドキュメンタリー映画『A』や『FAKE』『i−新聞記者ドキュメント−』がある。著書も『A3』『死刑』など多数。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:BTSが変えた世界

    本誌 最新号

    特集:BTSが変えた世界

    常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

    2020年12月 1日号  11/25発売

    人気ランキング

    • 1

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

    • 2

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

    • 3

      「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

    • 4

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 5

      熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

    • 6

      スタートした政権移行作業、トランプはどうして認め…

    • 7

      ビルボード1位獲得のBTS──ダイナマイトな快進撃の舞…

    • 8

      グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

    • 9

      オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

    • 10

      麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

    • 1

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

    • 2

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 3

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

    • 4

      【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

    • 5

      プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

    • 6

      次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と…

    • 7

      やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

    • 8

      大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

    • 9

      11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

    • 10

      中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

    • 1

      アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

    • 2

      半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

    • 3

      アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

    • 4

      女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

    • 5

      アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

    • 6

      事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

    • 7

      世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

    • 8

      米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

    • 9

      トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

    • 10

      オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「自粛」が可視化した東京の現実