Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

電撃的な米朝首脳会談――トップダウン外交の突破力と危うさ

2019年07月03日(水)18時30分
    電撃的な米朝首脳会談――トップダウン外交の突破力と危うさ

    お互いトップダウンだからできた電撃パフォーマンスだが、交渉もうまくいくとは限らない(6月30日、南北軍事境界線上の板門店で「落ち合った」トランプと金正恩) Kevin Lamarque-REUTERS

    <トランプ大統領のツイートをきっかけに急遽実現したといわれる米朝首脳会談は、トップダウン外交の突破力とともに危うさを示している>

    トップダウンの突破力

    6月30日、電撃的に、しかも現役のアメリカ大統領として初めてトランプ氏が訪朝したことはG20大阪サミットの余韻を吹き飛ばすほどのインパクトをもたらしたが、この突然のイベントはトランプ大統領と金正恩委員長ならではのものだった。

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 7

      日本の重要性を見失った韓国

    • 8

      9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

    • 9

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 10

      慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 7

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      世界が知る「香港」は終わった

    • 10

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 10

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる