Newsweek

六辻彰二

塗り替わる世界秩序

なぜ日本には緊急事態庁がないのか──海外との比較から

2020年03月05日(木)17時25分
    なぜ日本には緊急事態庁がないのか──海外との比較から

    記者会見での安倍首相(2019年12月9日) Kim Kyung Hoon-REUTERS


    ・さまざまな緊急事態にワンストップで対応する専門機関が多くの国にはあるが、日本にはない

    ・この背景には、「非常時」を大義名分に政府が大きな権限を握ることへの警戒感が日本では強いことがあげられる

    ・これに加えて、かつての自民党単独長期政権時代に培われた各省庁のタテ割りが強いことも、専門機関の設置を妨げる要因といえる

    感染症の拡大や自然災害といったさまざまな緊急事態に対応する専門機関はほとんどの国にあるが、日本にはない。そこには戦後日本の縮図がある。

    緊急事態の責任者は誰か

    これまで日本では、緊急事態のたびに「役所が何をするか」に力点を置いた特措法は定められてきたが、市民生活を制限する内容については総じて控えめだった。だから、新型コロナの感染が特に目立つ北海道が週末の外出の自粛などを呼びかける異例の「緊急事態宣言」を発した時、政府はいわば後付けで、これに根拠を与える法令の整備に着手せざるを得なかった。

    法令に比例して、緊急事態に対応する専門機関も手薄だ。

    一応、日本では内閣府の防災担当が都道府県レベルで対応できない緊急事態を所管することになっている。

    しかし、ここでは主に地震など自然災害が想定されていて、しかも責任者である防災担当大臣は他の省庁の大臣が兼務することが一般的だ。現在は、国家公安委員会の武田良太委員長が兼務している。

    もちろん、新型コロナのような感染症も緊急事態として想定されていないわけではない。

    例えば、2012年に新型インフルエンザが流行した際には新型インフルエンザ等特措法に基づき、内閣官房を中心に全閣僚・省庁からなる対策本部が設置された。新型コロナでも、安倍首相を本部長とし、国務大臣をメンバーとする新型コロナウイルス感染症対策本部が立ち上げられている(安倍首相は3月2日、新型コロナに関しても新型インフルエンザ等特措法の対象に加えるよう法律を改正する方針を打ち出した)。

    ただし、これらは事態が発生してからの対策で、しかもメンバーである閣僚らは通常業務の合間をぬっての仕事になる。

    要するに、日本の危機対応は「コトが発生したら大臣がみんな集まって対策を協議し、ケースバイケースの判断で、必要なら特措法で緊急事態の宣言をできるようにする」というもので、対応が後手に回ったり、誰が責任者なのか分からなかったとしても、不思議ではない。

    アメリカの危機管理

    これに対して、ほとんどの国では緊急事態に対応する機関があらかじめ設置されている。

    なかでも最も有名なのはアメリカの連邦緊急事態管理庁(FEMA)だ。1979年に設立されたFEMA(発音はフィーマ)は、主に地震や山火事といった自然災害に対応してきたが、それだけでなく原子力事故、大規模な暴動、テロ、そして感染症もカバーする。

    プロフィール

    プロフィール

    六辻彰二

    筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

    • 6

      「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

    • 7

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 8

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

    • 9

      「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

    • 10

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 8

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 9

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 10

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

    • 4

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 5

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 6

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 7

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 8

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 9

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    • 10

      傲慢な中国は世界の嫌われ者

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場