Newsweek

ニューズウィーク日本版編集部

From the Newsroom

ニューズウィーク日本版はなぜ、「百田尚樹現象」を特集したのか

2019年05月31日(金)16時30分
    ニューズウィーク日本版はなぜ、「百田尚樹現象」を特集したのか

    <大反響「百田尚樹現象」特集は、どのようにして生まれたのか。百田尚樹氏を取り上げたことへの賛否の声に、編集部の企画趣旨を説明します>

    ニューズウィーク日本版はなぜ、「百田尚樹現象」を特集したのか。

    プロフィール

    プロフィール

    ニューズウィーク日本版編集部

    ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    本誌紹介

    特集:AI vs. 癌

    本誌 最新号

    特集:AI vs. 癌

    ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

    2019年10月22日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 2

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 3

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からスタッフが消えた

    • 4

      日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

    • 5

      ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

    • 6

      米軍撤退で追い詰められたクルド人がシリア、ロシア…

    • 7

      トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シ…

    • 8

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

    • 9

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 10

      自宅でのネコの態度で分かる! 飼い主との生物の種…

    • 1

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 2

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

    • 3

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 4

      日本に巣食う「嫌韓」の正体

    • 5

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 6

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 7

      「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

    • 8

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 9

      日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

    • 10

      ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…