Newsweek

大場正明

映画の境界線

植民地時代のオーストラリアの復讐劇 性差別、アボリジニ迫害『ナイチンゲール』

2020年03月19日(木)18時10分
    植民地時代のオーストラリアの復讐劇 性差別、アボリジニ迫害『ナイチンゲール』

    植民地時代のオーストラリア社会の現実......『ナイチンゲール』

    <植民地時代のオーストラリアを舞台にした苛烈な復讐劇。女性とアボリジニ......現代に繋がる重要なテーマを独自の視点から掘り下げる>

    プロフィール

    プロフィール

    大場正明

    評論家。
    1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
    ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 2

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 6

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊…

    • 5

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 6

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

    • 9

      反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

    • 10

      ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩